« 『華氏119』 | トップページ | 『ホテル・ワルツ』 »

2019年4月28日 (日)

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』

今日は、ちょっと今さらなSFアドベンチャーものをひとつ、ご紹介♪

この作品、出演者の顔ぶれを見ても分かるように、製作サイドはかなり気合いが入ってて、当初は3部作ってことでプロジェクトがスタートしたんやけど、あまりにも盛り上がらな過ぎて、結局、この1作で終了してしまったみたいなんよね。

原作がかなり人気のファンタジー小説で、個人的にも原作を読んで、楽しみにしてただけに、なんかスゴイ肩透かしやったのを覚えてる(苦笑)

というわけで、そんなイロイロと残念やった作品の感想は....................?!

ライラの冒険 黄金の羅針盤 / The Golden Compass   ★★★☆☆   (2007年)

監督:クリス・ワイツ

出演:ダコタ・ブルー・リチャーズ、ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、サム・エリオット、クリストファー・リー、ベン・ウォーカー、サイモン・マクバーニー、ジム・カーター、トム・コートネイ、デレク・ジャコビ、クレア・ヒギンズ、(声の出演)クリスティン・スコット・トーマス、キャシー・ベイツ、イアン・マッケラン、フレディ・ハイモア、イアン・マクシェーン

大学の寮で育てられている少女ライラは、真実を告げる黄金の羅針盤を手に、人さらいにあって、行方不明になった親友を助けるため、北の国へ旅立つ...................ってな、有名なファンタジー小説を映画化した作品?!

個々に見ていくと、原作の世界をよく再現してるなぁ、とは思うんやけど、かなり話の展開や設定を映画用に変えてるために、全体的に強引で無理があるように感じてもうた。

取って付けたように積み上げられる話のエレメントに、“う~ん”と唸ってもうて、原作を読まずに観れば、別物として楽しめたのかもって思ったかな.............まぁ、もともとボリュームのある原作を、約2時間の映画の尺に料理するのに無理があるんかも。

それでも、主演の女の子の勝気でワガママな感じや、二コールくんが演じる役のワガママ加減等、役柄の雰囲気は原作を読んだときのイメージに合ってたかなぁ。

3部作の続編に期待.................って思ってたんやけど、結局これで終わってしまったところには、それなりの理由があったってことか?!(笑)

« 『華氏119』 | トップページ | 『ホテル・ワルツ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事