« 『寝ても覚めても』 | トップページ | 『厨房で逢いましょう』 »

2019年4月 6日 (土)

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』

今日は、タイの映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、本国タイでは、アカデミー賞にあたる賞で12部門を制したらしく、タイの映画史上で歴代1位の興行成績を残したらしいんよね......まぁ、それがどれほどのものかってのは、よく分からんのやけど(笑)

Rotten Tomatoなんかの評価でも、かなり高い評価が出てるみたいで、アジアの映画祭を中心に、賞を獲ったりしてるところをみると、なかなかの評価なんと違うかなぁって思うんやけどね。

というわけで、そんな作品の感想は...............?!

バッド・ジーニアス 危険な天才たち / Chalard Games Goeng   ★★★★☆   (2017年)

監督:ナタウット・プーンピリヤ

出演:チュティモン・ジャンジャルーンスックジン、チャーノン・サンティナトーンクン、ティーラドン・スパパンピンヨー、イッサヤー・ホースワン、サハジャック・ブーンタナキット、タネート・ワラークンヌクロ

貧しい父子家庭で育った女の子は、優れた頭脳をもっていたことで、進学校の奨学生となるが、親友となった女友だちのために、カンニングの手助けをしたことから、それがビジネスとなり.................ってな犯罪ドラマ?!

彼女の噂を聞いた同じクラスの生徒のために、組織的なカンニングの仕組みを作って小遣い稼ぎをしていたが、次第にエスカレートして...............ってなことで、これ、なかなかおもしろいんよ。

カンニングを話のネタにしてるんやけど、それが130分の尺で、ここまでスリリングでオモシロいドラマになってるってところが、新鮮な驚きなんよね。

カンニングの手口から、いろいろと想定外の展開になり、どうなるってところに、登場人物の感情をうまく絡めて描いてるあたりで、安っぽくならない、監督さんの話の上手さってのが出てるんやろなぁ?!

 

« 『寝ても覚めても』 | トップページ | 『厨房で逢いましょう』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事