« 『再会の街で』 | トップページ | 『君が君で君だ』 »

2019年4月15日 (月)

『マーゴット・ウェディング』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、ニコール・キッドマンの主演作をひとつ、ご紹介♪

この作品を監督してるノア・バームバックってひとは、ジェフ・ダニエルズとローラ・リニーが共演した『イカとクジラ』って作品で、アカデミー賞の脚本賞にノミネートされて、全米批評家協会賞を獲ったりしてるんよ。

グレタ・ガーウィグが主演した『フランシス・ハ』あたりは、確かに主演の彼女の独特の雰囲気が良かったってのもあったんやけど、ノアくんの監督としての手腕ってのもあったと思うんやけどね。

ちなみに、この作品に出演してるジェニファー・ジェイソン・リーとは、結婚して、その後、離婚してるみたいなんよなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は................?!

マーゴット・ウェディング / Margot At The Wedding   ★★☆☆☆   (2007年)

監督:ノア・バームバック

出演:ニコール・キッドマン、ジェニファー・ジェイソン・リー、ジャック・ブラック、ジョン・タートゥーロ、ゼイン・パイス、キアラン・ハインズ、フローラ・クロス、セス・バーリッシュ、アシュリー・アトキンス、マシュー・アーキン

息子を連れて妹の結婚式のために戻ってきた姉、もともと仲のよくない姉妹は、互いに傷つけあい.................ってな、家族ドラマ?!

主演がニコールくんで、共演にジャック・ブラックやジョン・タートゥーロがいてって、なかなか豪華な出演陣で、ちょっと期待したんやけど................なんのことはない、グタグタやったね(苦笑)

この監督さんらしく、オフビートで捻くれた人間関係が、淡々と展開していくんやけど、単に精神不安定な作家の姉に振り回され、騒動の波に呑まれる人々の迷惑してる姿をってな感じで、それほど深みを感じないんよなぁ。

母と息子、姉と妹、男と女、いろんな関係をミックスしようというのは、分からんでもないんやけど、残念ながら盛り上がらんかったね?!

 

« 『再会の街で』 | トップページ | 『君が君で君だ』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事