« 『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』 | トップページ | 『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』 »

2019年4月11日 (木)

『ナルコ』

今日は、フランスの映画をひとつ、ご紹介♪

この作品で共同監督としてクレジットされてるジル・ルルーシュってひと、これが長編映画のデビューやったんやけど、どちらかというと監督というよりは、役者としてのほうがイメージは強いかな。

フレッド・カヴァイエ監督の『この愛のために撃て』やヴァンサン・ランドンと共演した『友よ、さらばと言おう』あたりでの渋い演技ってのが印象的やったよなぁ。

ちなみに、この作品で主役を演じてるギョウーム・カネとは、『世界でいちばん不運で幸せな私』って作品で共演してて、彼が監督した『唇を閉ざせ』にも出演してあげてるみたいやんね。

というわけで、そんな作品の感想は...................?!

ナルコ / Narco   ★★★☆☆   (2004年)

監督:トリスタン・オリエ、ジル・ルルーシュ

出演:ギョーム・カネ、ザブー・ブライトマン、ブノワ・ポールヴールド、ギョーム・ガリエンヌ、ヴァンサン・ロティエ、フランソワ・ベルレアン、ジル・ルルーシュ、レア・ドリュッケール、ジャン=ピエール・カッセル、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ダイアン・クルーガー、フィリップ・ルフェーヴル

発作的に眠りに落ちる病気を患う男は、普通のひとのように働くことができず、辛い日々を過ごすが、好きなコミックを描くことで、なんとか生計をたてよう考えて..............ってなドラマ?!

❝ナルコレプシー❞という特異な設定をうまく使いながら、好きな女性と結婚したものの、生活がうなくいかずってなところで、そんな葛藤がちょっぴり切なく描かれてて、なかなかおもしろい話やったよ。

少しコメディ調に味付けしながら、前半と後半で流れを変えるってな展開も、うまくメリハリが効いてて、悪くなかったしね。

まぁ、ちょっと妻役の女優さんが同級生っていう設定の割りに年齢がいってるっぽいところがどうかなぁって思うのと、刺客がかなりB級やったあたりがなぁ(笑)

フレンチらしい味わいもあり、作品全体としては、そこそこ楽しめたんかなぁ?!

 

« 『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』 | トップページ | 『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事