« 『ナルコ』 | トップページ | 『search/サーチ』 »

2019年4月12日 (金)

『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、原作になってるのが小森陽一ってひとの「オズの世界」っていう小説が元ネタになってるらしいんやけど、この小森さんってひとは、あの❝海猿❞シリーズの原作を書いてたひとなんやってね。

作品の舞台になってるのが、熊本にあるレジャーランドなんやけど、小森さんの出身が佐賀県の伊万里らしく、波多野監督も熊本出身みたいで、そこらあたりで地元周辺地域への愛をぶつけた話ってことなんかもなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は...............?!

オズランド 笑顔の魔法おしえます。   ★★★☆☆   (2018年)

監督:波多野貴文

出演:波留、西島秀俊、岡山天音、柄本 明、橋本 愛、濱田マリ、深水元基、朝倉えりか、中村倫也、コング桑田、戸田昌宏

大好きな彼氏と同じ会社に入り、生まれ育った街で楽しい社会人生活と思ったら、いきなりの辞令で熊本にあるレジャーランドの配属になり..................ってなコメディ調のドラマ?!

東京に戻るために、あの手この手でアピールするが、配属先のカリスマの上司と働くうちに、気持ちに変化が..................ってことで、お仕事バラエティってとこなんかな。

いきなりいつもと“芸風”の違う橋本くんに驚いたんやけど、主役の波留くんの嫌味のない演技と、イケメンの西島くんの飄々とした演技で、なかなかホノボノとした、いいドラマに仕上がってたね。

ほどよいコメディ具合と、適度な盛り上がりで、確かに突き抜けたものはないんやけど、観終わって、なんとなく悪くなかったかなぁって思える、そんな作品やったかな?!

 

« 『ナルコ』 | トップページ | 『search/サーチ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事