« 『タロットカード殺人事件』 | トップページ

2019年5月 6日 (月)

『クレアの純真』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、フランス映画をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてるサンドリーヌ・レイってひとは、長く助監督をやりつつ、これが長編監督デビュー作やったらしいんよね。

主演のヴァイナ・ジョカンテって女優さんは、出演作で日本で紹介されてるものは、ジェラール・ドパルデューが主演の『刑事ベラミー』以外は、ほとんど劇場未公開の作品ながら、本国フランスでは、コンスタントにスクリーンに登場してるらしい。

というわけで、そんな作品の感想は...............?!

クレアの純真 / Vivante   ★★★☆☆   (2002年)

監督:サンドリーヌ・レイ

出演:ヴァイナ・ジョカンテ、フランソワ・ベルレアン、セシル・カッセル、マニュエル・ブラン

ある日、家に帰る途中で4人の男に拉致され犯された少女は、そのことを誰にも言えず、その事件から全てが変わってしまい、自暴自棄になってしまうのだが....................ってなドラマ?!

犯罪の犠牲者になり、その苦悩を抱えて、どうすることもできずにいたが、そんな彼女を見守る人々の気持ちに気づき...............ってなことで、ちょっとビターな話になってるんよ。

誰も信頼できず、救いを求めることもできない、男の理不尽な行為によって傷ついた少女の表情ってのが、なんとも切ないんよね。

どうにも荒みきったどん底から抜け出し、穏やかな表情に戻る過程が、なんや印象的やったなぁ。

話としてのまとまりが、やや欠けたところが物足りなく感じるものの、深く傷つきながらも、前を向こうという、そんな心の揺れを映し出すあたり、フランス映画の良さってのがあったかもね?!

 

« 『タロットカード殺人事件』 | トップページ

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事