映画

2014年12月31日 (水)

『ブラッド・ダイヤモンド』

いやぁ、今年もラストなんやねぇ。特に何もエエこともなかった1年やったなぁ.........なんて、超低空飛行のテンションで締めくくるのも口惜しいんで、ずっと熱く語っておきたいと思ってた作品を、今日はご紹介♪

なぜ、この作品かと言うと、よく“プリオくん”ことレオナルド・ディカプリオの出演作のなかで好きな作品って言う問いに、“ブラッド・ダイヤモンド、良かったよね.......”って会話を耳にするんやけど、あえてプリオくんファンの反発を覚悟しつつも言っておきたいのは、これ、主役が違ったらもっと傑作になってたのに、ってことなんよ!

あのトム・クルーズが主演した『ラスト・サムライ』の直後に、その勢いのままズウィック監督により作られたこの作品は、本来であればもっと評価できる作品になってたのに..........っていう無念さを、年の最後にぶつけてみたいと思う。

というわけで、そんな作品の感想は...........................?!

ブラッド・ダイヤモンド / Blood Diamond   ★★★☆☆   (2006年)

監督:エドワード・ズウィック
出演:レオナルド・デカプリオ、ジャイモン・フンスー、ジェニファー・コネリー

世界に流通するダイヤの15%がアフリカの紛争地帯から産出されていて、それが形を変えて兵器となり、罪もないアフリカの民衆を苦しめている、そんな現実を題材にしたサスペンス&アクション!?

アフリカ西部のシエラレオネを舞台に、反政府軍により家族をバラバラにされた男、ダイヤを密輸する白人、そしてダイヤの密輸の事実を暴こうとする女性ジャーナリスト、戦火の下で絡み合うそれぞれの思惑が.................ってなドラマ。

2時間半という尺の長さながら、まったくそれを感じさせないスリリングな展開は、ズウィック監督のセンスの良さが存分に発揮されてて、さすがやった。

娯楽性に軸足を置きながらも、深刻な社会問題をつきつけるあたり、この監督さんの巧みな語り口なわけで、ホンマに才能を感じさせられるんよ。

家族を探す男を演じたジャイモンくんの迫真の演技と、知性を兼ね備えたジェニファーくんの美貌に見とれつつ、話のオモシロさに引きこまれながらも、「主役が違う役者やったら...............」って、ずっと考えてもうた(笑)

人気俳優の看板をしょってるってことで、まぁ、大目にみなアカン部分もあるんかもしれんけど、どう見ても薄っぺらさしか感じられないプリオくんの“演技力”は、せっかくの作品を、そのひとりの力で究極に“軽く”してまうんよなぁ...............?!

血に染まったダイヤの輝き、もし主役が違っていたら、きっと作品の輝きも.............惜しすぎる...............(苦笑)

2014年12月30日 (火)

『リトル・フォレスト 夏・秋』

今日は、ちょっとマッタリ系の癒し(?)の邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、元ネタは人気コミックなんやってね。原作者のひとは東北で生活してたらしく、その経験に基づいて書かれた話なんやって。でもって、そんな春夏秋冬を描いた話を映画化するに当たっては、当然のことではあるんやけど、実際に1年間をかけてロケをして撮影されたってことで、なかなか手の掛かった作品らしい。

監督さんは、加瀬 亮と岡田将生が共演した井坂幸太郎の原作を映画化した『重力ピエロ』のひとで、以前に紹介した永作博美と西島秀俊が共演してた『蛇のひと』の監督もしてたんやって。

というわけで、4部作の前半2話の感想は...........................?!

リトル・フォレスト 夏・秋   ★★★☆☆   (2014年)

監督:森 淳一
出演:橋本 愛、三浦貴大、桐島かれん、松岡茉優、温水洋一

東北の山間にある小さな村で、ひとり暮らしをしながら、ほぼ自給自足で生活する女の子の日常を、食生活を中心に描いたドラマの「夏」篇と「秋」篇?!

汗水たらしながら農作物の世話をし、自分の畑で収穫したものを使って、いろいろと工夫しながら食事を作る、そんな女の子の様子を映しだしてるんよ。

食材をどうやって手に入れて、おいしく調理するか、その過程でのちょっとした苦労や喜びを、サラリとした流れのなかで、どこかホノボノとした雰囲気で描いてるんよ。

あまり農作業をしそうに見えない主演の橋本くんの頑張りは、イメージとのギャップもあって、観てると応援したくなるんかな(笑)

自然の豊かな恵みを享受しながら、感謝の気持ちを胸にいだきつつ、心を満たすご馳走にありつく、そんなシンプルな生活を眺めながら、どこか癒される気持ちになるから不思議やよね。

ファーストフードやレトルト食品がもてはやされるけど、生きるために欠かすことのできない“食べる”という行為には、現代人が忘れつつある大切な意味があるのかもしれんね?!

2014年12月29日 (月)

『ラストベガス』

年の暮れも近づき、贅沢な役者を揃えた、普通の(?)作品をひとつ、ご紹介?!(笑)

マイケル・ダグラスは『ウォール街』で主演男優賞、モーガン・フリーマンは『ミリオンダラー・ベイビー』で助演男優賞、ロバート・デ・ニーロは『ゴッドファーザー Part II』での助演男優賞と『レイジング・ブル』での主演男優賞、そしてケヴィン・クラインは『ワンダとダイヤと優しい奴ら』で助演男優賞ということで、オスカー俳優4人の揃い踏みってことらしい。

アカデミー賞がどうのってのは置いといても、これだけ名の知れたベテラン俳優が競演するのはレアな感じはするやんね。最近は、スタローンを中心に、アクション系でその手のヤツが流行ってるから、その流れなのかも??

監督さんは、『クール・ランニング』『あなたが寝てる間に・・・』のジョン・タートルトーブくんってことで、その部分で期待するものもあったんやけど、まぁ、そうは言っても最近はヒット作がないからなぁ...............(苦笑)

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

ラストベガス / Last Vegas   ★★★☆☆   (2013年)

監督:ジョン・タートルトーブ
出演:マイケル・ダグラス、モーガン・フリーマン、ロバート・デ・ニーロ、ケヴィン・クライン、メアリー・スティーンバージェン、ジョアンナ・グリーソン、マイケル・イーリー、ジェリー・フェレーラ、ロマニー・マルコ

幼なじみの4人組も58年の時を経て、それぞれの人生を送っていた。仲間のひとりが若い女性とラスベガスで挙式することになり、バチュラーパーティーをして騒ぐことになったのだが................ってなコメディ調のドラマ?!

いい年した初老の男たちが、ラスベガスでカジノやクラブで大暴れってなことで、まぁ、この豪華な4人の顔ぶれが揃ったところがウリなんやろね(笑)

ダグラスくんの若作りにデ・ニーロのレイジング・ブルなみのパンチ、モーガンおじさんのダンス等、それなりに見せ場(?)はあるんやけど、それほどキャラ勝負を仕掛けるわけでもなく、内容的にはどうってことのないものやったかな。

いくつになっても持つべきものは友ってことで、キャスティングで釣りながら、当たり障りのない、ホドホドのドラマに仕上げましたってところやね?!

2014年12月28日 (日)

『6才のボクが、大人になるまで。』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、来年の賞レースに向けて大いに注目されてる作品をひとつ、ご紹介♪

これ、ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞し、NYとLAの批評家協会賞では作品賞と監督賞を受賞し、ゴールデン・グローブ賞のノミネーションでは、作品賞、監督賞、脚本賞等の主要部門で候補として選ばれてるらしい。

同じ人間を12年間を費やして追いかけるっていう独特の手法で撮影されたもので、その斬新さが評価されてるのかな。

というわけで、そんな作品の感想は....................?!

6才のボクが、大人になるまで。 / Boyhood   ★★★☆☆   (2014年)

監督:リチャード・リンクレイター
出演:エラー・コルトレーン、パトリシア・アークエット、ローレライ・リンクレイター、イーサン・ホーク、マルコ・ペレラ、スティーヴン・チェスター・プリンス

両親が離婚し、母と姉と暮らす6歳の少年の、それからの12年間の成長を、実際に同じキャストを起用して12年間をかけてリアルに作り上げた、ある家族の肖像ってね?!

新しい土地での再スタート、新たな家族との出会いと別れ、実の父親との関係や恋愛、様々な出来事を通して、無邪気やった男の子が大人になっていく様子を、彼の人生の一部を切り取る形で描いてるんよ。

なるほど確かに撮影の仕方が実に斬新やね。6歳から18歳まで、ひとりの少年の精神的、肉体的な変化を、時間をかけてじっくりと撮影していくってのは、アイデアとして思いついても、実践するとなると様々なリスクが伴い、かなりのハードルの高さやったと思う。こうして作品になったって時点で、スゴイってことなんかもね。

だいたい、子役としてキャスティングした子どもが、将来イケメンになる確率なんてのもそう高くはないやろうし、そういう意味でも非常に実験的で、かつ成功した稀有な作品なのかもなぁ。

ただ、世間の評価に異を唱えるわけでもないんやけど、内容が人生のひと時を切り取るってなことで、感情に踏み込んでドラマがあるってことでもなく、むしろ事象を綴るような感じやから、他人の人生を延々と見せられるってのに、どこまで興味を持てるかっていう点で、ちょっと誰でも楽しめるようなおススメし作品ってことにはなりづらいかも、なんて思ってもうたよ?!

2014年12月27日 (土)

『フューリー』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、ついにアンジーと結婚したブラピの最新作をひとつ、ご紹介♪

これ、ブラピのキャリア最高傑作なんて声もある一方で、戦車が注目されて、特にドイツ軍のティーガー戦車が話題になってたらしく、ただ、その出番が少なくて期待ハズレなんて意見もでるくらい、作品の内容以外にもマニア心くすぐる部分で話題になってるらしい(笑)

監督のデヴィッド・エアーってひとは、『ワイルド・スピード』の脚本を書いてたらしく、最近ではロスの警察の日常を切り取った『エンド・オブ・ウォッチ』ってドキュメンタリー調の作品を監督したことで、少し注目を浴びてるみたいやね。

ということで、そんな作品の感想は......................?!

フューリー / Fury   ★★★☆☆   (2014年)

監督:デヴィッド・エアー
出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、マイケル・ペーニャ、ローガン・ラーマン、ジョン・バーンサル、ジェイソン・アイザック、アナマリア・マリンカ、アリシア・フォン・リットベルク、スコット・イーストウッド

終戦間近のヨーロッパ戦線で、動けなくなった一台の戦車で数百人のドイツ兵と戦った、5人のアメリカ兵の様子を描いた戦争映画?!

数々の戦場を経験し、ベルリンを目指す連合軍の一員として戦う4人の兵士の乗る戦車に配属された、戦闘経験のない新兵は、リーダーの軍曹にしごかれながら、実際の戦争を目の当たりにするのだが.............ってな戦場ドラマ。

人と人が殺し合う非情な現実を映し出しながら、命がけで戦う男たちの過酷な運命をリアルに描き出すってところなんやろね。

一部で絶賛されてるブラピの演技は、なるほど、なかなかの気合いやった。上官として仲間を率いる責任感と、自らの内にある恐怖や悲しみを押し殺し、苦悩する姿ってのは、人間らしさが滲みでてたかな。

作品としては、戦場での緊迫感なんかがリアルな映像で伝わってくるという点で悪くはないんやけど、悲惨なシーンなんかが続くもんやから、なんやひどく疲れてもうたよ(苦笑)

感動をウリにしてるのかと思いきや、実際はそこまでの高揚感もなく、戦争の無意味さを感じるものの、期待したほどの胸にくるものはなかったかな?!

まぁ、この時期なら何を言っても自由やけど、“アカデミー賞最有力”っていう売り方は、ちょっと止めたほうがエエかもなぁ...............(笑)

2014年12月26日 (金)

『わたしのハワイの歩きかた』

今日は、リゾート気分を味わえる(?)邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、劇場で公開されてたときに、思いの外、高い評価をつけるレビューがあったりで、個人的には“まさか榮倉くんの主演作でそんなアホなことは起こらんやろう”って思いつつ、若干ではあるんやけど気になったんよ(苦笑)

監督さんは、吉高くん主演のラブコメ『婚前特急』なる作品で日本映画プロフェッショナル大賞の新人監督賞と年間第10位を獲得したらしく、期待の若手監督ってことみたいなんやけど、そもそもこの賞の価値がなぁ.........................。

まぁ、それでも“あの”吉高くんもNHKの朝ドラのおかげか、今やお堅い銀行のCMにバンバン出るくらいの出世やし、榮倉くんもひょっとしたら..............??

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

わたしのハワイの歩きかた   ★★★☆☆   (2014年)

監督:前田弘二
出演:榮倉奈々、高梨 臨、瀬戸康史、池松壮亮、加瀬 亮、中村ゆり、宇野祥平、安田 顕、上原美佐、鶴見辰吾

友人がハワイで挙式をすることになり、その二次会のセッティングを頼まれた雑誌の編集者をする女の子が、会社にハワイ特集の企画を強引に通し、経費でハワイを満喫しようとするのだが.........ってなコメディ調のドラマ?!

仕事に疲れ、恋愛も上手くいかず、やけくそでハワイにやって来て、いろんな人と出会い、人生を見つめ直す..........ってな自分探しの物語のハズが、なんや男探しの話やったね(苦笑)

主役の榮倉くんが、かなりハッチャけたキャラで暴走するあたりは、今回はなかなか頑張ってるなぁとは思うんやけど、そんな彼女の男選びを見せられても、足が長いなぁって感心はしても、それ以上にオヤジの心に響くものはまったくないんよね。

高梨くんのキュートさがなく、ハワイを舞台にしてなかったら、ちょっと相当キツかったかも................(苦笑)


2014年12月25日 (木)

『こわれゆく世界の中で』

本日も引き続き、まったくクリスマスとは関係のない、ちょいとヘビーな人間ドラマをひとつ、ご紹介♪(笑)

監督のアンソニー・ミンゲラってひとは、すでにもう他界してるんやけど、レイフ・ファインズとジュリエット・ビノッシュが競演した『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー賞を受賞したひとなんよね。

その後に作った『コールド マウンテン』も随分と話題になり、それなりに人気のあった監督なんと違うかな。今は、息子のマックス・ミンゲラくんが役者として奮闘中みたいなんやけど。

というわけで、そんな作品の感想は.............................?!

こわれゆく世界の中で / Breaking And Entering   ★★★☆☆   (2006年)

監督:アンソニー・ミンゲラ
出演:ジュード・ロウ、ロビン・ライト・ペン、ジュリエット・ビノッシュ、レイ・ウィンストン、マーティン・フリーマン、ヴェラ・ファーミガ、マーク・ベントン

自閉症ぎみの娘を持つ恋人と10年間一緒に暮らす建築家だったが、いつも側にいながらすれ違うふたりの関係に少し限界を感じていた。そんな時に、事務所に押し入った泥棒の少年を追いかけたことで、ボスニア難民のその母親と出会うのだが.........ってな、愛に迷う人々の物語?!

愛し合っていたはずが、気づいたらお互いを見失ってしまった恋人たち、つらい紛争から逃げ出し、異国で必死に生きる母親と息子、ロンドンの街で交差した人生により見出されたものは............ってなことで、ちょっぴり重厚なドラマが展開するんやね。

人間描写のうまいミンゲラ監督らしく、それぞれのキャラクターの感情を丁寧に表現してるんよなぁ。

なにより、主役を務めるジュードくんの頑張りが際立ってて、演技に幅が出てきたなぁって思うんよね。そのナチュラルな“剃りこみ”のせいもあってか、ハゲおやじ目線では、いろいろと気になってもうたりして................!(笑)

途中のシチュエーションで、少し作りすぎなところが気にはなったんやけど、人間関係における“破壊”と“再生”、そんなテーマがしっかりと描かれてる、なかなかのドラマやった?!

2014年12月24日 (水)

『デッドマン・ダウン』

例え世の中がクリスマス・イヴで浮かれていようとも、そんなものに惑わされることなく、硬派に犯罪映画をってなことで、独り身のオヤジの哀愁を少し漂わせつつ(?)、まったくクリスマス気分の欠片もない作品を、今日はご紹介♪(笑)

この作品の監督さんは、本家スウェーデンの“ミレニアム・シリーズ”の第一作『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のひとで、そのつながりでノオミ・ラパスがこの作品でもヒロインを演じてるんよ。

これがハリウッド進出第一作(二作目以降があるかどうかは別にして.......)ってことらしく、3部作のなかでは1作目が一番まともやっただけに、ちょこっと期待もあったりして。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

デッドマン・ダウン / Dead Man Down   ★★★☆☆   (2013年)

監督:ニールス・アルデン・オプレイヴ
出演:コリン・ファレル、ノオミ・ラパス、テレンス・ハワード、イザベル・ユペール、ドミニク・クーパー

ある組織の一員として裏社会で生きる孤独な男は、交通事故で顔に傷を負った、向いのマンションに住む女性と知り合う。男が自室で何者かを殺すのを目撃した女は、男にある取引を持ちかけるのだが..............ってなクライム・サスペンス?!

悲しい過去を胸に抱えて生きる男と、同じく心に深い傷を負った女、惹かれあうふたりだったが、男には果たさなければならない復讐の計画が.............ってなことで、コリンくんがクールにキメてるんよ(笑)

復讐ものに少し恋愛要素を絡めて、ってな感じで、派手さはないんやけど、飽きさせることなく、上手く話を作り上げてあったかな。まぁ、ちょっと都合よく行き過ぎなところが気にはなるんやけど、すっかり安定した演技を見せるいい役者になった主役のコリンくんの存在感がよく出てて、悪くはなかったね。

北欧の出身の監督さんだけに、ダークさとビターさを混ぜ合わせたようなテイストは、単純な同系のハリウッド映画と一線を画す味わいやった?!

2014年12月23日 (火)

『百瀬、こっちを向いて。』

今日は、クリスマスのイブ・イブってことで、邦画の恋愛ものをひとつ、ご紹介♪

この作品の監督さんは、これが長編デビュー作らしいんやけど、なんと、あの「No More 映画泥棒」を撮ったひとなんやって..................って、それ何って言ったら、あの映画館の本編上映前に流れてるやつやんか。ある意味、日本で最も自分の作品がスクリーンで上映されてるひとなわけで................(笑)

ちなみに、ヒロインを務める早見くんは、実は元ももクロのメンバーやったらしく、最近はNHKの朝ドラにも出演してるみたいで、どうやら将来を期待された若手の女優さんみたいやね。

というわけで、どうでもエエような前フリはほどほどに、作品の感想は.......................?!

百瀬、こっちを向いて。   ★★★☆☆   (2013年)

監督:耶雲哉治
出演:早見あかり、竹内太郎、工藤阿須加、中村優子、向井 理、西田尚美、ひろみ、きたろう、与座よしあき、西牟田 恵

冴えない高校生活を送ってた男の子が、学校一のイケメンの幼なじみの先輩の頼みで、かわいい女の子の恋人役を演じることに..........ってな、切ない初恋を描いた青春ドラマ?!

彼女がいる先輩のことを好きになった女の子と、そんな彼女の気持ちを知りながら彼氏役を演じる男の子、好きなのに上手くいかない、そんな高校生の淡い初恋を綴った恋愛ドラマなんよ。

向井くん出演の現代パートはどうでもエエんやけど、回想部分の恋バナがなんとも切なくて、年甲斐もなく、のめり込んでもうたりして(笑)

初恋云々ってのに限らず、好きになってはいけない相手を好きになり、どうにもならないと分かっていても、どうすることもできない気持ちに苦しみってのが、妙に胸に響いてもうてなぁ。いや、ハゲおやじでも恋くらいはするからね(笑)

若手の役者は、お世辞にも上手い演技とは言えないんやけど、瑞々しさとしょっぱさが詰まった恋の瞬間ってのがストレートに出てて、なんか良かったなぁ?!

しかし................恋愛ってのは難しいもんやよなぁ...................(苦笑)

2014年12月22日 (月)

『見知らぬ医師』

今日は劇場で未公開の作品のなかから、アルゼンチンで絶賛されたらしい作品をひとつ、ご紹介♪

ナチスの将校にヨーゼフ・メンゲレってひとがいて、医者やった彼は、アウシュヴィッツに送られてきたユダヤ人を使って、とっても残忍な人体実験を繰り返してたらしく、敗戦後にドイツを脱出し、南米で逃亡生活をしてた彼が、アルゼンチンにいた時の話がネタになってるんやって。

そんな作品は、本国アルゼンチンで評判となったらしく、アルゼンチンのアカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞をはじめ、10部門で受賞したらしい。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

見知らぬ医師 / Wakolda   ★★★☆☆   (2013年)

監督:ルシア・プエンソ

出演:フロレンシア・バド、アレックス・ブレンデミュール、ナタリア・オレイロ、ディエゴ・ペレッティ、エレナ・ロジャー、ニコラス・マルセラ、アナ・パウルス

とある家族が旅の途中で知り合ったドイツ人の医師。彼らの営む湖畔の宿に滞在することになった男は、実は逃亡中のナチスの残党だった..............ってな、実話を基にしたお話?!

発育不良で小柄な娘を治療してくれる医師、しかし彼には別の思惑が......ってなことで、“死の天使”と呼ばれたらしいナチスの残忍な男と、彼と暮らした家族が描かれてるんよ。

この作品、ちょっと分かりにくくて、何についてのドラマなのかを知らずに観てると、なかなか話が掴めないんよなぁ(苦笑)

おそらくアルゼンチンでは有名な話なんやろうとは思うんやけど、メンゲレってひとのことをある程度は知っとかないと、“?”が頭のなかでグルグル回ってるうちに終わってまうんと違うかな。

抑えたトーンで雰囲気はあるんやけど、上手く話に入り込めなかっただけに、ちょっと辛かったかもね?!

より以前の記事一覧