お・ス・ス・メ!

2019年1月28日 (月)

『トップ・ランナー』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、スポーツの実話ものをひとつ、ご紹介♪

この作品、実在の自転車選手であるグレアム・オブリーってひとの自伝を基にしてるらしいんやけど、このひと、イングランド生まれながら、スコットランドで育ったこともあって、“フライング・スコッツマン”って呼ばれてたんやって。

そんな映画は、英国アカデミー賞(BAFTA賞)のスコットランド支部で、作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞にノミネートされたらしいんよね。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

トップ・ランナー / The Flying Scotsman   ★★★★   (2006年)

監督:ダグラス・マッキノン
出演:ジョニー・リー・ミラー、ビリー・ボイド、ショーン・ブラウン、ローラ・フレイザー、ブライアン・コックス、ジョセフ・カーニー、ジャン・マリー・コフィ、ジャン・プラザルスキ、クリストファー・アンダーソン、ジュリー・オースティン

自転車の配送の仕事をしながら、自ら手作りで組み立てた自転車で、アワーレコード(1時間でどれだけの距離を走れるか)の世界記録を樹立した、実在の自転車選手の苦闘を描いた感動ドラマ?!

苦しい生活のなかで、手作りのバイクで世界の頂点に立つが、それを快く思わない自転車連盟は勝手にレギュレーションを変更して彼を締め出し、そのために思うように走れなくなるのだが................ってなドラマ。

少年時代のトラウマに悩み、それでも妻や友人の助けがあって、頂点を目指して諦めず戦う、なんや、とってもエエ話やったなぁ。

自分の弱さに慄き、それでも夢を追いかけて、前に必死に進む、そんな人間味のあるヒーローがおったんやね。

それにしても、素敵な話をせっかく映画化したのに、この意味不明な邦題はなんとかならんかったんかなぁ...........................なにが“トップ・ランナー”なのか、まったくセンスなし!?

2019年1月26日 (土)

『スルース』

今日は、サスペンスものをひとつ、ご紹介♪

この作品、実は1972年に作られた映画のリメイクってことになるらしいんだけど、主演のマイケル・ケインは、元ネタの作品にも出演してるんよね。

ちなみに、元ネタはアカデミー賞で主演のふたりが揃って主演男優賞にノミネートされ、監督賞にもノミネートされたんやけど、このリメイクもヴェネチア映画祭で金獅子賞にノミネートされてるんよ。

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

スルース / Sleuth   ★★★★☆   (2007年)

監督:ケネス・ブラナー
出演:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ、ハロルド・ピンター

老齢の人気犯罪小説家に、彼の妻との離婚を頼みに来た愛人の売れない役者、邸宅で繰り広げられる男たちの騙し合い、その結末は..................ってな、サスペンス・ドラマ?!

この作品、90分間の尺を、主演のふたりだけで演じきるんやけど、マイケルおじさんとジュードくんのガチガチの演技バトルが観れて、なんとも贅沢なんよなぁ。

閉ざされた空間のなかで対峙するふたりの男、ぶつかり合う互いの強烈なエゴ、騙し騙され、言葉をぶつけながら、相手の心を探る................中途半端な役者では、絶対にできない、緊迫した雰囲気に、心が躍らされてもうたね(笑)

まぁ、ちょっとマニアックすぎるのかもしれんけど、光を効果的に使い、演じ手の表情から、その腹の底を映し出すような映像も、なかなかいい味を出してたかな。

2019年1月12日 (土)

『奇人たちの晩餐会』

今日は、フランスのコメディをひとつ、ご紹介♪

この作品、ちょっと古めではあるんやけど、フランスのアカデミー賞にあたるセザール賞で主演男優賞、助演男優賞、脚本賞を受賞して、作品賞や監督賞、主演女優賞にノミネートされたんよね。

かなり遅れてやけど、スティーヴ・カレルやポール・ラッドを使って、『奇人たちの晩餐会 USA』ってのが作られてたんやけど、そちらのほうは劇場未公開やったらしい。

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

奇人たちの晩餐会 / Le Diner De Cons   ★★★★   (1998年)

監督:フランシス・ヴェベール
出演:ジャック・ヴィルレ、ティエリー・レルミット、ダニエル・プレヴォスト、カトリーヌ・フロ、アレクサンドラ・ヴァンダヌート、フランシス・ユステール

自分がバカだと思う人を見つけ、晩餐会に呼んで、他の仲間が呼んだゲストと競い、一番のバカを見つける、そんな会に毎週参加している男は、マッチ棒で模型を作る男を、晩餐会に招待しようとするのだが.......................ってなフレンチなコメディ?!

晩餐会の前に自宅に招くが、趣旨を知らない呼ばれた男は、持ち前のバカさを発揮して、騒動を巻き起こし....................ってなことで、ドタバタとね。

バカを陰で嘲笑うっていう、実際を想像すると、あまり気分のいい話やないんやけど、うまく設定を利用しながら、ほんとうの滑稽さを映し出すってとこは、話として上手いなぁって思うよね。

主演のジャックおじさんの風貌からして、やや反則ぎみなんやけど、主演男優賞も納得の、絶妙な暴走具合が秀逸でツボやったよ。

バカな庶民を嘲笑う金持ち、だけど本当にバカなのは........................ってことで、シュールでエスプリの効いた(?)フレンチのコメディは、なかなかエエんよね?!

2018年12月28日 (金)

『ちはやふる -結び-』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

『ちはやふる -上の句-』『ちはやふる -下の句-』ときて、競技かるたというニッチなところを逆に活かして、青春どまんなかなシリーズの締めということで、残念ながら劇場では観れなかったんやけど、レンタルで手にしたってわけ。

いろいろと世間では叩かれてる部分もあるみたいやけど、個人的には広瀬くんの演技力ってのは、かなり買ってて、それに加えて松岡くんも引き続き登場ってところで、期待をしてもうたよね。

ちなみに、新田真剣佑って若手の役者さん、ちょっと前まで真剣佑ってクレジットされてたから、てっきり“しんけん・ゆう”って名前かと思ったら、どうやら“あらた・まっけんゆう”っていうのが正解らしく、パパさんが、あのサニー千葉こと千葉真一なんやって。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

ちはやふる -結び-   ★★★★   (2017年)

監督:小泉徳宏
出演:広瀬すず、野村周平、新田真剣佑、矢本悠馬、上白石萌音、松岡茉優、國村 隼、賀来賢人、清水尋也、森永悠希、清原果耶、松田美由紀、優希美青、佐野勇斗

競技かるた部は、3年生となり、最後の大会での全国大会制覇を目指して、頑張っていたが、大会を前に、部長が退部する事態となり...............................ってな青春ドラマ?!

チーム一丸となって大会に挑むハズが、主力が抜けて、新入生を加えたメンバーで戦うことになり、予選から苦戦を強いられるのだが.........................ってなことで、競技にかける高校生の熱い思いをってとこなんかな。

いやぁ、競技かるたをここまでドラマチックな青春ドラマにできるってのは、ある種の新鮮さを覚えるよなぁ。3作目にして、メインキャストもすっかりキャラ立ちしてるところで、主演の広瀬くんをはじめ、いい雰囲気が伝わってくるようで、なかなかいい具合に盛り上げてくれるんよ。

原作をまったく知らないだけに、ストーリーとしての再現具合がどうのってのは、よく分からないんやけど、単純にシリーズを1作目から鑑賞してる視点でみると、まぁ、多少、中途半端な笑いに引きつつも、最後まで胸アツで観れたかな?!

2018年12月19日 (水)

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

今日は、イギリスの伝記映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、アカデミー賞で主演男優賞とメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞して、その他に作品賞や撮影賞、美術賞なんかにノミネートされたんよ。

ちなみに、メイクアップを担当したのが、辻 一弘っていう日本の特殊メーキャップ・アーティストで、ゲイリー・オールドマンをチャーチルそっくりに仕立てて、評価されたんやって。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 / Darkest Hour   ★★★★   (2017年)

監督:ジョー・ライト
出演:ゲイリー・オールドマン、リリー・ジェイムズ、クリスティン・スコット・トーマス、ベン・メンデルソーン、スティーヴン・ディレイン、ロナルド・ピックアップ、ニコラス・ジョーンズ、サミュエル・ウエスト

ドイツが周辺国に侵攻し、攻勢をかけるなか、チェンバレン政権が退陣し、首相に就任したチャーチルだったが、寄せ集めの政権の運営は困難を極め.............................ってな伝記ドラマ?!

軍が壊滅的なダメージを受け、敗戦濃厚な状況で、イタリアのムッソリーニを仲介人にして、ヒトラーと和平交渉すべきという意見が強くなり、追い込まれるが、そんななかで国を率いるリーダーとして、決断を迫られ..................................ってなことで、いや、歴史の結果を知っていながらも、その熱さが伝わってくるよね。

それを実現したのは、やっぱりゲイリーおじさんの“なりきり”の白熱した演技なわけで、外見は特殊メイクで普段の面影はないんやけど、役者としての凄みが滲み出てた。

ヒトラーに屈するのか、それとも国を、誇りを守るために、徹底抗戦するのか、状況としてかなり究極な選択を迫られたときに、こうして信念を貫けるリーダーがいたってことが、今の社会の礎になってるんやなぁって思うと、なんや感慨深いよなぁ?!

2018年12月15日 (土)

『マーダーボール』

今日は、ドキュメンタリー映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、車椅子ラグビーの話なんやけど、アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞にノミネートされて、サンダンス映画祭では、観客賞と審査員特別賞を受賞したんよ。

来年は日本でラグビーのワールドカップが開催されるし、パラリンピックの正式競技になってて、東京オリンピックまで約1年半、このスポーツを知るにはうってつけの作品かもね。

というわけで、そんな作品の感想は..............................?!

マーダーボール / Murderball   ★★★★☆   (2005年)

監督:ヘンリー・アレックス・ルビン、ダナ・アダム・シャピーロ
出演:マーク・ズパン、ジョー・ソアーズ、アンディ・コーン、ボブ・ルハノ、スコット・ホグセット、キース・キャヴィル

事故や病気によって四股に障害を抱えた男達が車イスで激しくぶつかり合う、車椅子ラグビーという競技に熱中する彼らを描いたドキュメンタリー?!

不自由な体でありながら、前向きに競技に打ち込む男達、パラリンピックでのメダル獲得を目指し、アメリカとカナダの宿命の戦いが始まる.....................ってなところで、熱いドラマがあるんよね。

スポーツとしてのハゲしさへの驚きもさることながら、ゲームのなかで、生きる力を漲らせる彼らの姿に心を動かされるんよなぁ。

障害を前面に出した感傷的なものでなく、アスリート達の逞しさ、力強さに、スポーツのもつ美しさってのを感じて、観てて勇気づけられてもうたよ!?

2018年12月 2日 (日)

『シャイニング』

今日は、名作のホラー映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、今でこそ傑作ホラー映画って言われてる(....と個人的には信じてる)んやけど、実は、公開当時はゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)でワースト主演女優賞とワースト監督賞にノミネートされてたんよね。

それまでの作品で、アカデミー賞をはじめとする、数々の名誉ある賞にノミネートされてきたスタンリー・キューブリックにしたら、かなりショッキングな評価やったんかもしれんなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

シャイニング / The Shinning   ★★★★☆   (1980年)

監督:スタンリー・キューブリック
出演:ジャック・ニコルソン、シェリー・デュヴァル、ダニー・ロイド、バリー・ネルソン、アン・ジャクソン、スキャットマン・クローザース、フィリップ・ストーン、ジョー・ターケル

冬季閉鎖するホテルの管理人をすることになった男とその家族。男は、他に誰もいないホテルで小説を書くつもりだったのだが、次第に精神が病んでいき.....................ってな、サイコ・スリラー!?

そのホテルでは、過去に管理人の男が家族を惨殺するという事件が起こっており、そんな過去が影響して、次第に常軌を逸していき...............ってなところで、何とも怖いデキなんよ(笑)

この作品、なんといっても、何かにとりつかれたように暴走する主人公を演じるニコルソンくんの怪演に目を奪われてもうて、その目力と雰囲気で、恐怖が加速するってね!

まぁ、それに加えて、息子くんも不気味な表情をしてるし、奥さんの怖がり方ってのも尋常やないもんやから、かなりの恐怖インパクトなんよ。

徹底した演出と圧倒的な役者の演技力で、こうやって傑作は生まれるってとこかな。ひやぁ~、それにしても恐ろしい!?(笑)

2018年11月15日 (木)

『ベルリン・フィルと子どもたち』

今日は、ドイツのドキュメンタリー映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、ドイツ映画賞では、最優秀ドキュメンタリーを受賞したり、トライベッカ映画祭でもノミネートされたりと、なかなか評価されたんよね。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、通称ベルリン・フィルというと、有名な指揮者であるカラヤンを思い出すんやけど、この作品に出てくるサイモン・ラトルってひとは、カラヤンの2代後の常任指揮者なんやって。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

ベルリン・フィルと子どもたち / Rhythm Is It !   ★★★★   (2004年)

監督:トマス・グルベ、エンリケ・サンチェス・ランチ
出演:サイモン・ラトル、ロイストン・マルドゥーム、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

子どもたちにクラシックをもっと身近に感じて欲しい、そんな願いをこめて、ベルリン・フィルの指揮者 兼 芸術監督になった男が仕掛けるコラボ企画、貧しく恵まれない境遇にいる子供たちと、ベルリン・フィルのコラボレーション、そんな出来事を綴ったドキュメンタリー?!

難民や親の不仲など、様々な理由で傷ついた子供たちに、生きることの素晴しさを伝えようと、音楽とダンスで語りかける振付師と芸術監督は、自己防衛のために物事に真剣になれない子供たちに、自己を表現することの大切さや、情熱を持ち続けること、そして自分の可能性を信じることを教えるんよね。

このプログラムに参加することで、何かをやり遂げよう、変わろうとする必死な姿勢ってのが溢れ出してくる様を観てると、なんや熱い気持ちになってくるやんね。

クラッシックに興味はなかったんやけど、こうして目を輝かせる子どもたちを見てると、本当に音楽の持つ力ってのは、すごいなぁって思うんよなぁ。

ブラボーと言いながら、全ての登場人物に拍手をおくりたい気分やね?!

2018年11月11日 (日)

『ボヘミアン・ラプソディ』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、音楽伝記ものをひとつ、ご紹介♪

QUEENといえば、やっぱりボーカルのフレディ・マーキュリーのイメージが強くて、80年代にロックを聴き始めた者として、やっぱりハズせないバンドで、エイズで亡くなったっていう衝撃も含めて、忘れられない存在なんよね。

その音楽は、今聞いても、まったく色あせない個性があって、フレディの声の美しさと力強さってのは、すごい魅力があったなぁって、思わずにはおれんよなぁ。

そんなバンドの知られざる秘話を描いた作品は、どうやら評論家からは平凡な作品と評されてるらしいんやけど、一方で、観客からは絶大な支持を得てるらしいんよね。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

ボヘミアン・ラプソディ / Bohemian Rhapsody   ★★★★   (2018年)

監督:ブライアン・シンガー
出演:ラミ・マレック、グウィリム・リー、ベン・ハーディ、ジョセフ・マッゼロ、ルーシー・ボーイントン、トム・ホランダー、アレン・リーチ、エイダン・ギレン、マイク・マイヤーズ、ダーモット・マーフィ、アーロン・マカスカー

イギリスのロックバンド“クィーン”の誕生から、ライヴ・エイドのコンサートまで、フレディ・マーキュリーとメンバーたちがたどった軌跡を描いた伝記ドラマ?!

ブライアン・メイとロジャー・テイラーのバンドのボーカルが抜けて、偶然のタイミングでフレディ・マーキュリーがメンバーに加わり、新たにベースを加えて結成されたバンドは、その独創的な音楽で人気となるのだが..............ってなことで、バンドの栄光の陰にある波乱のドラマをってとこなんかな。

いやぁ~、キャストが実際のメンバーに見た目が激似ってのもあってか、名曲の数々をバックに、胸アツな作品に仕上がってるんよ。

代表曲のデキあがるときの秘話なんかを見ながら、思わず「そうやったんかぁ~」って感心しつつ、孤独を抱えながら、フロントマンとしてシャウトするフレディの苦悩に満ちた生き様ってのが、切なかったね。

そんでもって、いろいろありながらのライヴ・エイド..........もう涙しかないよなぁ。

どうやら批評家ウケがよくないらしいんやけど、これを観て、QUEENというバンドの各メンバーのクオリティの高さと、彼らの熱い友情や絆ってのをひしひしと感じつつ、フレディ・マーキュリーという男の偉大さってのを、実感してまうよなぁ?!

2018年10月30日 (火)

『台湾より愛をこめて』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品で監督をしてる三原慧悟ってひと、これが監督デビューらしいんやけど、もともとフジテレビの社員だったのが、オリジナルの企画が社内でとおらず、そのまま会社を辞めて、台湾でYouTuberとして話題になって、現地でアイドルのようになってるらしいんよ。

そんな作品に主役で出演してる大野拓朗って俳優さんは、「とと姉ちゃん」に「わろてんか」と、NHKの朝ドラに出演して、なかなか評判になってるひとなんよなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

台湾より愛をこめて   ★★★★☆   (2017年)

監督:三原慧悟
出演:大野拓朗、落合モトキ、宇宙、岡本夏美、長谷川 忍、広橋佳苗

かつて漫才コンビを組んで、頂点を目指していたふたりは、5年前に台湾に行った際に出会った女の子と、5年後に再会しようと約束したのを守るため、ふたりで台湾に行くのだが.............ってなドラマ?!

3年前にコンビを解消し、ひとりは芸人を続けていたが、もうひとりはサラリーマンになって、別々の人生を歩んでいた、そんなふたりが久しぶりに再会し、忘れていた約束を思い出して、台湾に向かうのだが..........ってなことで、なんかね、熱いドラマに仕上がってるんよ。

とってもB級なインディーズ映画なテイストが出まくってるんやけど、ちょっと主演のふたりのキャラにハマってもうたかな。

一緒に夢を追いかけてたハズが、いつしか離れてしまった気持ち、それでも互いに忘れられない熱い気持ちがくすぶってってところで、なんかしらんけど、胸にグッときてもうたんよ(笑)

とりたててよくできた作品ってわけでもないのに、そこに友情があって、夢と現実のはざまで気持ちがぶつかり合うあたりに、やられてもうたんかもしれんね?!

より以前の記事一覧