それ、ちょっと...

2019年4月23日 (火)

『あの空をおぼえてる』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてる冨樫 森ってひとは、中原 俊監督の『櫻の園』や周防正行監督の作品なんかで助監督をしてたらしく、その後、長編デビュー作となった『非バランス』って作品で、なかなかの評価を受けたんよね。

ちょっと前に、上戸 彩が出演して作られた『おしん』の劇場版の監督をしてたひとでもあるんやけど、なかなか監督作が続かないところを見ると、苦戦してるのかもなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は................?!

あの空をおぼえてる   ★★☆☆☆   (2008年)

監督:冨樫 森

出演:竹野内 豊、中谷美紀、広田亮平、吉田里琴、小日向文世、中嶋朋子、小池栄子、濱田マリ、品川 祐

写真店を営みながら、一家四人、幸せに暮らす家族に突然訪れた悲劇、それによって崩壊した家族の再生を描いたドラマ?!

交通事故で娘を亡くし、立ち直れない両親、そんな様子に胸を痛める生き残った息子、悲しみで引き裂かれた彼らは、また元のようになれるのか..............ってな悲しみに押し潰されそうになった家族の姿をってなとこか。

いやぁ............何に驚いたかって、竹野内くんの演技、もうどうしょうもないくらいにヘタすぎて..............ただ、苦笑いするほか、どうすることもできんかったよ。

その見事なまでの負の頑張りのおかげか、ここまで“寒い”空気を画面から感じる作品は、ほんとうに久々やった。

一番演技ができてたのは、娘役の子かって思うくらいで、この子は、演技続ければいい役者になるかもって思いながら、苦行のようにエンディングを待つ気持ちは、かなり辛かったね?!

 

2019年4月22日 (月)

『セックス・イン・オハイオ』

今日は、劇場で未公開の作品のなかからひとつ、ご紹介♪

この作品、『ミーシャ・バートンの Sex in Ohio』ってタイトルで売られてるらしいんやけど、実はミーシャ・バートン、主役を演じてるわけやなくて、あくまでも脇役での出演なんよね(笑)

ちょうど『あの日の指輪を待つきみへ』の直前に作られた作品は、彼女がブレイクする前の下積み時代ってことなのかもしれんけど、残念ながら、最近の出演作は、どれも劇場未公開ばかりで、女優としてはブレイクしきれなかったってことなのかもしれんなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は.................?!

セックス・イン・オハイオ / The Oh In Ohio   ★★☆☆☆   (2006年)

監督:ビリー・ケント

出演:パーカー・ポーシー、ポール・ラッド、ミーシャ・バートン、ミランダ・ベイリー、ダニー・デヴィート、ライザ・ミネリ、キース・デヴィッド、ティム・ラス

セックスでオーガズムを感じたことがない妻と感じさせられないことに落ち込む夫、一見幸せそうな夫婦が抱える悩み、その結果ふたりは................ってな、ラブ・コメディ??

絶頂を知るためなら、えんや~こら~♪って...............内容的にちょっと“やりすぎ”でしょう(苦笑)

序盤はそれでも笑えて楽しめるものの、途中から、どうにでも勝手にしてってな気分になってもうて、とりわけダニー・デヴィートの出しゃばり振りは、かなりウザくてウンザリしてもうた。

そんなグタグタでどうしょうもない作品の唯一の救いは、脇役で登場するミーシャくんがセクシー&キュートなところ、まぁ、未公開作品を売りに出すのに、思わず主役級の邦題をつけてしまいたくなる気持ち、分からんでもないか...............?!

 

2019年4月15日 (月)

『マーゴット・ウェディング』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、ニコール・キッドマンの主演作をひとつ、ご紹介♪

この作品を監督してるノア・バームバックってひとは、ジェフ・ダニエルズとローラ・リニーが共演した『イカとクジラ』って作品で、アカデミー賞の脚本賞にノミネートされて、全米批評家協会賞を獲ったりしてるんよ。

グレタ・ガーウィグが主演した『フランシス・ハ』あたりは、確かに主演の彼女の独特の雰囲気が良かったってのもあったんやけど、ノアくんの監督としての手腕ってのもあったと思うんやけどね。

ちなみに、この作品に出演してるジェニファー・ジェイソン・リーとは、結婚して、その後、離婚してるみたいなんよなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は................?!

マーゴット・ウェディング / Margot At The Wedding   ★★☆☆☆   (2007年)

監督:ノア・バームバック

出演:ニコール・キッドマン、ジェニファー・ジェイソン・リー、ジャック・ブラック、ジョン・タートゥーロ、ゼイン・パイス、キアラン・ハインズ、フローラ・クロス、セス・バーリッシュ、アシュリー・アトキンス、マシュー・アーキン

息子を連れて妹の結婚式のために戻ってきた姉、もともと仲のよくない姉妹は、互いに傷つけあい.................ってな、家族ドラマ?!

主演がニコールくんで、共演にジャック・ブラックやジョン・タートゥーロがいてって、なかなか豪華な出演陣で、ちょっと期待したんやけど................なんのことはない、グタグタやったね(苦笑)

この監督さんらしく、オフビートで捻くれた人間関係が、淡々と展開していくんやけど、単に精神不安定な作家の姉に振り回され、騒動の波に呑まれる人々の迷惑してる姿をってな感じで、それほど深みを感じないんよなぁ。

母と息子、姉と妹、男と女、いろんな関係をミックスしようというのは、分からんでもないんやけど、残念ながら盛り上がらんかったね?!

 

2019年3月22日 (金)

『音量を上げるタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

なんかココログがダウンしてたみたいで、2日ほど記事がアップできなかったんやけど、
気を取り直して、今日は邦画をひとつ、ご紹介♪
この作品、音楽をネタにしたドラマってことで、楽曲をHYDEやあいみょんといったあたりに作ってもらって、一流ミュージシャンとコラボってのがウリになってるらしいんよ。
監督の三木 聡といえば、麻生久美子が主演してた『インスタント沼』や三浦友和が出てた『転々』といった、ちょっとオフビートな作品で知られてるひとで、そんな監督さんのオリジナル脚本でってところで、期待したところもあったんやけど......。
というわけで、そんな作品の感想は.......................?!
音量を上げるタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!   ★★☆☆☆   (2018年)
監督:三木 聡
出演:吉岡里帆、千葉雄大、ふせえり、麻生久美子、松尾スズキ、田中哲司、中村優子、片山友希、池津祥子、森下能幸、岩松 了、小峠英二
声が小さすぎて、バンドメンバーからも愛想を尽かされた女の子は、“声帯ドーピング”で声量の大きさで人気のカリスマロックボーカルと出会うのだが…………….ってなコメディ調のドラマ?!
過去のトラウマから、声が小さすぎる女の子と、声がでかすぎる男、そんなふたりがひょんなことからめぐり合い、ドタバタと……..ってなことで、う~ん、なんやろね(苦笑)
いろいろと笑いを散りばめてってことなんやろうけど、これが恐ろしく笑えないんよね。しかも、主演の吉岡くんの演じ手としての力量のせいなのか、ベテラン脇役陣も含めて、すべてが空回りしてる感じで、観ててかなり疲れてしまった。
なんの深みもないペラペラの話が、とんでもなくスカスカの演技で、ダラダラと垂れ流されてるのを観てると、かなり早い段階から、悲しい気分になってもうたよ…………一応コメディ(のハズ)なのにね?!(笑)

2019年3月 3日 (日)

『P.S. アイラヴユー』

今日は、恋愛もの(?)をひとつ、ご紹介♪

この作品、映画を観る前に原作を読んでて、かなりグッとくるストーリーに目頭を熱くしたこともあって、映像化にはかなり期待をしてたんよね。

監督のリチャード・ラグラヴェネーズと言えば、脚本家として有名で、『フィッシャー・キング』『マディソン郡の橋』とかを書いてるとなれば、どんな風に仕上がるか気になるわけよ。

というわけで、そんな作品の感想は.................?!

P.S. アイラヴユー / P.S. I Love You   ★★☆☆☆   (2007年)

監督:リチャード・ラグラヴェネーズ
出演:ヒラリー・スワンク、ジェラルド・バトラー、リサ・クドロウ、キャシー・ベイツ、ジーナ・ガーション、ジェフリー・ディーン・モーガン、ハリー・コニック・Jr.、スーザン・ブラックウェル、ディーン・ウィンタース

脳腫瘍で他界した最愛の夫が残した10通の手紙、悲しみに暮れる妻はその手紙に励まされ、次第に悲しみから立ち直るのだが...................ってな恋愛ドラマ?!

原作を愛読する者としては、これはちょっと頂けなかったなぁ..................だいたい、ヒラリーくんはあまりにも“戦う女”のイメージが強すぎて、悲しみに暮れるヒロインには合わないって思うんよ。

しかも脚本がなぁ..................すべてを描くのは無理としても、あまりにも中途半端すぎで、エピソードに深みがなく、そのためにヒロインの心情がまったく伝わってこないんよなぁ。

結局のところ、話のキーはなぜか死後に届く、最愛の人からの手紙なんやけど、その部分も中途半端やし.................無理にアメリカを舞台にするから、こないなってまうんよね。

でもって、劇場上映時の最後にとどめを刺したのは、エンドロールの音楽.................なんで徳永英明やねんって........................?!(苦笑)

2019年2月10日 (日)

『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』

今日は、実在の人物を描いた映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、フィリップ・シーモア・ホフマンがアカデミー賞で助演男優賞にノミネートされたり、ゴールデン・グローブでは、主演のトム・ハンクスが男優賞、ジュリア・ロバーツが助演女優賞にノミネートされたりと、それなりに評価されたんよなぁ。

監督のマイク・ニコルズといえば、ダスティン・ホフマンが主演した『卒業』で有名になったひとで、もともとはドイツ出身で医大に通ってたのに、中退して役者になり、監督になったんやってね。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー / Charlie Wilson's War   ★★☆☆☆   (2007年)

監督:マイク・ニコルズ
出演:トム・ハンクス、フィリップ・シーモア・ホフマン、ジュリア・ロバーツ、エイミー・アダムス、エミリー・ブラント、ネッド・ビーティ、ケン・ストット、デニス・オヘア、ジャド・タイラー、オム・プリ、ブライアン・マーキンソン、レイチェル・ニコルズ、トレイシー・フィリップス

アフガニスタンに侵攻するソヴィエト、それを止めたのは、テキサス選出のひとりの下院議員やった...................ってな、実話を映画化した作品?!

打倒、共産主義、アメリカは世界の正義、ヒーローはここにいるってなことで、この作品、あまりにも自画自賛な内容が、かなり鼻についてもうて.....................(苦笑)

権力と人脈を使って、影で武力介入する、結局その傲慢さが、今の国際社会の混乱を招いているのに、こんな能天気な映画ができるとは、さすがハリウッドやなぁって、思わず感心してまうレベルの映画やった。

グダグダと続く会話は退屈で、少し苦痛やったし、弾がこないワシントンで、金を動かして世界を守るんやなんて..................それが正義とはなぁ.....................まぁ、そんな自己中心的な解釈が、アメリカ人の拠りどころなんやってことが、よくわかる作品やった。

2018年12月12日 (水)

『ポイント45』

今日は、久しぶりにダメな映画をひとつ、ご紹介♪(笑)

監督のゲイリー・レノンってひとは、この作品でどうやら長編映画デビューをしたらしいんやけど、もともとはテレビドラマのプロデューサーや脚本家をやってたみたいで、そちらの方では評価されてるみたいやね。

主演のミラ・ジョヴォヴィッチは、これがちょうどバイオハザードの2作目と3作目の間に作られたもので、女優としてある程度の認識を得られたころの、若気の至りってやつなのかも(笑)

というわけで、そんな作品の感想は....................?!

ポイント45 / .45   ★★☆☆☆   (2006年)

監督:ゲイリー・レノン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アンガス・マクファーデン、スティーヴン・ドーフ、サラ・ストレンジ、アイシャ・タイラー、ヴィンセント・ラレスカ

ニューヨークの貧しい一角で、拳銃の密売とコソ泥をして生計を立てるチンピラと一緒に暮らす女、ふたりは愛し合っていたが、支配的な男の一方的な暴力に耐えられず、ついに女はひとつの決心をするのだが.......................ってな、クライム・サスペンス.........一応は?!

出だしからエロと暴力満載で、予告を見た限りは、もっとスリリングに展開するクライム・アクションかと思ったんやけど、全くキレのないズルズルな内容やった。

元モデルのミラ嬢は顔面ボコボコで頑張ってたんやけど、いかんせん話がおもんなさすぎて、主役が安っぽいチンピラの設定だけに、話もペラペラってね?!

違った雰囲気を出そうと“語り”を入れたりしても、逆に、そのおかげで全く話に流れがないんよなぁ................でもって、クライマックスへの“仕込み”も、えっ?って思わず驚くぐらい、くだらなく、ミエミエで..................(苦笑)

この手の映画は、ただエロと暴力があればいいってもんやなくて、ある程度の“スタイル”と“センス”がないと.....................とても観れたもんやないよなぁ!?

2018年10月18日 (木)

『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』

今日は、ミステリーものをひとつ、ご紹介♪

この作品、もともとはピュリッツァー賞を受賞した舞台劇やったらしいんやけど、戯曲の原作者が脚本を書いて、映画化したみたいなんよね。

ゴールデン・グローブ賞で、主演のグウィネス・パルトロウが主演女優賞にノミネートされて、ヴェネチア映画祭で金獅子賞にノミネートってことで、それなりに評価された作品なんやろうと思う。

監督をしているジョン・マッデンといえば、同じくグウィネス・パルトロウが主演してた『恋に落ちたシェイクスピア』のひとで、ちょっと期待をしたんやけど。

というわけで、そんな作品の感想は...........................?!

プルーフ・オブ・マイ・ライフ / Proof   ★★☆☆☆   (2005年)

監督:ジョン・マッデン
出演:グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス、ジェイク・ギレンホール、ホープ・デイヴィス、ダニー・マッカーシー、ゲイリー・ヒューストン、コリン・スティントン、ロシャン・セス

偉大なる数学者であった父の最期を看取った娘は、精神を病んで逝った父親と自分を重ね、不安に苛まれるが、追い討ちをかけるように姉が葬儀にやってきて....................ってな物語?!

父親に対する敬愛の想いと、病気に対する恐れといった、複雑な娘の心情ってのを回想シーンをつなぎ、じっくりと語っていくんやね。

タイトルからもわかるとおり、「証明」することが作品のテーマなだけに、会話もひねりがあって悪くないんやけど、なんかまとまりがないというか、盛り上がりがないというか........................(苦笑)

グウィネスくんの上品な美しさは相変わらずで、見とれてもうたんやけど、それを活かしきれない物足りなさがあったかなぁ。でもって、役柄とは言え、ホープ・ディヴィスのウザさは半端やなかった。

悪くない顔ぶれの役者なのに、伝わるものが少なかったっていうのは、なんかちょっと残念なデキやったなぁ?!

2018年10月 2日 (火)

『ギフテッド フリムンと乳売りの女』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

監督をしてる出馬くんは、過去の作品でも沖縄を舞台にした『マブイの旅』って作品や『ソフテン!』、沖縄の女優さんのドキュメンタリーなんかを撮ってるひとらしく、どうやら沖縄に所縁があるっぽいね。

そんな監督さんがヒロインに選んだ間宮夕貴って女優さんは、もともとグラビアをやってたりしたらしいんやけど、かなり大胆に露出する女優さんってことで、最近、たまに名前を目にするんよなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

ギフテッド フリムンと乳売りの女   ★★☆☆☆   (2017年)

監督:出馬康成
出演:原嶋元久、間宮夕貴、ミヤグニマサト、ちなのぞみ、安里勇哉、桜井奈津、宮脇 健、なかじまままり、立川こしら

元黒服で現在はブルドッグのブリーダーになろうとしている男と、おっぱいパブで働く女、同棲して半年のふたりだったが、互いの気持ちがすれ違い..........ってなドラマ?!

貧しい生活を抜け出すために、彼女よりも飼っている犬たちを愛する男と、生活のためにオッパイを売る女、そんな男女のやるせない恋愛をってとこなんかな。

いかにも低予算な感じが溢れてるところで、素人感まるだしの演技と演出の拙さばかりが目についてもうてなぁ..............(苦笑)

歯車が狂って、どうにもうまくいかない人生ってのを、悲哀をこめてってことなんやろうけど、延々とループするひどくチープな音楽やら、サブキャラの設定も含めて、なんかとってもビミョーな感じに思えて、最期までほとんど乗り切れなかった?!

2018年9月 4日 (火)

『寝ずの番』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてるマキノ雅彦ってのは、実は、先日、惜しまれながらも亡くなった、俳優の津川雅彦の監督業をするときの名前で、祖父の牧野省三ってひとが、日本映画の初期の監督をしてたひとらしく、そこから名前を取ってるんやって。

津川さんにとっての監督デビュー作ってのが、この作品になるらしく、ちなみに原作は、酔いどれ作家の中島らもなんよね。

というわけで、そんな作品の感想は............................?!

寝ずの番   ★★☆☆☆   (2006年)

監督:マキノ雅彦
出演:中井貴一、木村佳乃、富司純子、木下ほうか、堺 正章、岸部一徳、長門裕之、笹野高史、高岡早紀、田中 章、土屋久美子、蛭子能収、桂 三枝、笑福亭鶴瓶、浅丘ルリ子、米倉涼子、中村勘三郎、真由子

病死した上方落語の重鎮を偲び、師匠のために寝ずの番をする弟子たちの様子を、コミカルに描いたコメディ・ドラマ?!

故人の生前のエピソードを披露しながらワイワイがやがや、それなりに細かい笑いもあったりして、悪くはないんやけど......................中島らもの原作のせいなのか、ちょっとネタが下(シモ)に走りすぎで、引いてもうた(苦笑)

木村佳乃のような、どちらかというと正統派の女優さんのコメディってのは、意外性があったんやけど、話のネタを無理やり作るためにってことなのか、かなり強引な展開は、ちょっと疑問やったかなぁ。

これはこれで、悪い作品ではないんやろうけど、どうにも個人的には一本調子に感じられてもうて、最後はちょっと飽きがきてもうたかな..............................?!

より以前の記事一覧