ボチボチでんなぁ

2018年6月24日 (日)

『万引き家族』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、話題の邦画をひとつ、ご紹介♪

監督の是枝くんは、カンヌ映画祭にこれまで5回、コンペティション部門に参加して、ついに念願のパルム・ドールを受賞したってことで、なんや話題になってるやんね。

もともと、独特の手法で子役に演技をさせることで、イキイキとした表情を引き出すのが上手い監督さんで、今回も“息子”役の男の子が、柳楽くんの再来といわんばかりに、評判になってたらしい。

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

万引き家族   ★★★☆☆   (2018年)

監督:是枝裕和
出演:リリー・フランキー、樹木希林、安藤サクラ、松岡茉優、城 桧吏、佐々木みゆ、緒方直人、森口瑤子、池松壮亮、山田裕貴、片山萌美、池脇千鶴、高良健吾、柄本 明

一軒家に5人で暮らす“家族”は、生活に足りないものは万引きをして調達していたが、ある日、近所の家のベランダでひとりでいる女の子を家に連れて帰ると、親から虐待を受けているようで、そのまま家に帰すことができず、ズルズルと新たな家族として暮らすことに.......................ってな“家族”ドラマ?!

一見すると、ちょっと貧しいが、仲のいい家族だが、“おばあちゃん”の年金を当てにしながら、幼い子どもに万引きをさせる、そんなちょっとワケありな生活を切り取りながら、家族とはなにかを問う、ってところなんかな。

前半から、やや淡々と日常を追いながら、徐々に“家族”の関係を描いてるんやけど、それぞれの背景が分かってくるうちに、なんかいろいろと考えさせられるんよね。

樹木おばあちゃんの絶対的な存在感に、父親役のリリーくんの適度に脱力した感じ、母親役の安藤くんの大胆さに、松岡くんの目力、子役たちの演技と、キャスティングがうまくはまってるところが、さすがの是枝くんの腕前やった。

丁寧に描かれた人間ドラマは、少し期待したよりも抑えぎみのトーンで、個人的には物足りなさを感じてしまったものの、後からジワジワとくるものがあって、“家族”や人のつながりってのを考えさせるには、十分な良作やったね?!

2018年6月23日 (土)

『ジャスティス・リーグ』

今日は、アメコミものをひとつ、ご紹介♪

この作品、言わずと知れたDCコミックのヒーローたちが集結した、マーベルコミックのアベンジャーズに対抗して作られたものなんよね。

スーパーマンの新シリーズ『マン・オブ・スティール』に始まり、前作の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を経て、更なる展開にってことなんかな。

というわけで、そんな作品の感想は...........................?!

ジャスティス・リーグ / Justice League   ★★★☆☆   (2017年)

監督:ザック・スナイダー
出演:ベン・アフレック、ガル・ガドット、エイミー・アダムス、ヘンリー・カヴィル、エズラ・ミラー、ジェイソン・モモア、レイ・フィッシャー、ジェレミー・アイアンズ、ダイアン・レイン、J・K・シモンズ、コニー・ニールセン、アンバー・ハード、デヴィッド・シューリス、ビリー・クラダップ、(声の出演)キアラン・ハインズ

スーパーマンがいなくなった地球では、新たな侵略者が暗躍していたが、その気配を感じたバットマンことブルース・ウェインは、悪と戦うために仲間を集めてチームを作ろうと奔走するが.....................ってなアクションもの?!

バットマンにワンダーウーマン、アクアマンにフラッシュ、そしてサイボーグ、侵略者から地球を守るため、特殊能力を持つ“ヒーロー”を集めってことで、まさにマーベルのアベンジャーズに対抗すべく、DCコミックのコンテンツを集めてってとこやね。

基本的には、明快なストーリーで、勧善懲悪に少しエモーショナルなエピソードを挟みってことなんやけど、なんかね、役どころがアベンジャーズとかぶったりするもんやから、ちょっと微妙な感じがしてもうたりして(苦笑)

それと、個人的には、どうしてもベン・アフレック版のバットマンのキャラ設定がしっくりこなくて、どうにも違和感が先行して、気分が乗ってこないんよね。

アクション映画としては、それなりのスケールで楽しませてくれてはいるんやけど、どうしても後発組の宿命か、二番煎じな感じが出てもうて、あまり特筆するようなものは、なかったかもしれんなぁ?!

2018年6月22日 (金)

『二十六夜待ち』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品で監督をしている越川道夫ってひと、スローラーナーっていう配給会社を自ら立ち上げ、当初は主にプロデュースでいろいろな作品に携わってたみたいなんよ。

でもって、渋川清彦と山田真歩が主演した『アレノ』って作品で監督デビューして、昨年は3本の映画を発表したんやけど、そのうちの1本がこれやったんよね。

というわけで、そんな作品の感想は...................?!

二十六夜待ち   ★★★☆☆   (2017年)

監督:越川道夫
出演:井浦 新、黒川芽以、天衣織女、内田周作、鈴木晋作、諏訪太朗、鈴木慶一、山田真歩、宮本なつ、新名基浩、潟山セイキ、信太昌之、杉山ひこひこ、足立智充、吉岡睦雄、井村空美

震災の影響でおばの家に避難して暮らす女は、アルバイト募集の張り紙を見つけ、小さな小料理屋でパートとして働くことになったのだが.........................ってなドラマ?!

人付き合いが苦手そうな、ちょっと不器用な店主は、過去の記憶がなく、自分が誰なのかも分からずに、手覚えのある料理で生活をしていたのだが、震災で傷ついた彼女は、次第にそんな彼に惹かれ、ふたりはいつしか男女の仲に....................ってなことで、傷ついた大人の恋の物語ってとこかな。

井浦くんの、渋い演技ってのが光るんやけど、それに対する黒川くんの大胆な絡みってのも、なかなかの度胸っぷりで、そんなイメージがこれまでなかっただけに、ちょっと驚いてもうたかな。

別々の理由ではあるものの、それぞれ自己の存在に不安を感じているなかで、寄り添って体を重ねながら、新たな一歩へと進むってことで、ある種の再生のドラマなんやろね。

ちょっと地味な話ではあるんやけど、なかなか味わいのある仕上がりやったかな?!

2018年6月21日 (木)

『パーティで女の子に話しかけるには』

今日は、SFと青春ロマンスものを掛け合わせた作品をひとつ、ご紹介♪

この作品で監督をしているジョン・キャメロン・ミッチェルってひとは、ロック・ミュージカル映画『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の監督さんで、個人的にはかなりのお気に入りやったんやけど、その後は、数本、映画を撮ったものの、あまり作品を発表してなかったんよね。

なので、久々の新作と聞いて、ついつい期待をしてもうたんやけど、ヒロインが例の姉妹のひとりってことで、思わず“う~ん”って唸ってもうたんよ(苦笑)

それでも気になって、観ないわけにもいかず、鑑賞した感想は....................?!

パーティで女の子に話しかけるには / How To Talk To Girls At Parties   ★★★☆☆   (2017年)

監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル
出演:アレックス・シャープ、ルース・ウィルソン、マットー・ルーカス、エル・ファニング、ニコール・キッドマン、スティーヴン・キャンベル・ムーア、ジョアンナ・スキャンラン、ララ・ピーク、トム・ブルック、アリス・サンダーズ、イーサン・ローレンス、ジョーイ・アンサー、ジャメイン・ハンター

パンクをこよなく愛する高校生は、親友ふたりとパンクバンドのライブを観に行き、バンドの打ち上げパーティーに紛れ込もうとするが、場所が分からず、迷い込んだ先は、ロンドンに滞在中の、ちょっと怪しげな一団の滞在先で..........................ってなSF青春もの?!

パンク命の男の子が、ちょっと変わった女の子に恋をして、48時間という短い間を一緒に過ごし........................ってなことで、なんともエキセントリックなドラマが展開するんよ。

なんかね、パンクな尖がったものと、まったく異質な世界が交わって、パンクと宇宙人が交流するっていう設定自体が、ある意味、すごくパンクやった(笑)

ヒロインの好き嫌いってのはあるんやけど、それでも、シャウトしてる姿ってのは、なかなか様になってて、悪くなかったし、そいう音楽の使い方の上手さってのは、この監督さんらしさで、さすがやなぁって思うんよね。

かなり荒唐無稽なストーリーで、ちょっとイロモノ的な感じは強いんやけど、この開き直った語り口ってのは、妙に気になったりするんよなぁ?!(笑)

2018年6月20日 (水)

『カポーティ』

今日は、伝記ものをひとつ、ご紹介♪

この作品、アカデミー賞で主演のフィリップ・シーモア・ホフマンが主演男優賞を受賞して、他にも作品賞や監督賞、脚色賞や助演女優賞にノミネートされたりして、かなり評価されたんよ。

フィリップくんといえば、アル・パチーノが出演した『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』って作品で、主人公の同級生を演じてたのが、すごいインパクトがあって、その後、あれよあれよという間に一流の役者に昇りつめたんよなぁ。

若くして亡くなってしまったのが、なんとも残念な役者さんやったよ.............なんてことを思いつつ、彼の渾身の演技の感想は......................?!

カポーティ / Capote   ★★★☆☆   (2005年)

監督:ベネット・ミラー
出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、クリフトン・コリンズJr、クリス・クーパー、ボブ・バラバン、ブルース・グリーンウッド、エイミー・ライアン、アリー・ミケルソン、マーク・ペルグリノ、アダム・キンメル

カンザスの田舎町で起こった一家4人虐殺事件、それを作品にしようと、その容疑者と接近するが.....................ってな、作家トルーマン・カポーティの傑作ドキュメンタリー小説『冷血』の執筆過程を追った人間ドラマ?!

事件の真相を知るために、犯人に弁護士をつけ、時間をかせぐが、逆に死刑が執行されず作品のエンディングが書けない、そんなジレンマに苦しむ男は...............ってなことで、友人として助けようとしているのか、それともあくまでも作品の対象でしかないのか、苦悩する主人公をホフマンくんが熱演してるんよ。

本物のカポーティがどういう人物かはよく知らないものの、その演技はかりの気合いを感じるもので、確かにこの演技やったらアカデミー賞に値するんかもなぁって思わせるクオリティーやった。

話としては、なかなか悪くはないんやけど、ちょっと観ててちょっと疲れてもうてなぁ..................実際の本を読んでれば、もう少し違った感じに思うんかもしれんけど..................?!

2018年6月19日 (火)

『明日の記憶』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

渡辺 謙というと、海外作品でも活躍して、日本を代表する役者ってなるわけやけど、日本アカデミー賞で主演男優賞を初めて受賞したのは、この作品なんよね。

まぁ、最近は、本業の演技の方ではなくて、いろいろとゴシップネタで世間を騒がせてしまって、ちょっと残念な感じになってしまってるんやけど(苦笑)

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

明日の記憶   ★★★☆☆   (2005年)

監督:堤 幸彦
出演:渡辺 謙、樋口可南子、坂口憲二、吹石一恵、香川照之、大滝秀治、田辺誠一、水川あさみ、袴田吉彦、遠藤憲一、木野 花、市川 勇、渡辺えり子

広告代理店のエリート部長としてバリバリと働いていた男は、50歳を前にしてアルツハイマーを発症してしまい、苦悩するのだが...............ってなドラマ?!

仕事に家庭、それまで何不自由なく暮らしてきたのが、病気によって、その全てが崩れ去っていく..............そんな、容赦なく進行する病気に苦しむ男の役を、主役の渡辺 謙が熱演してるんよね。

人はやがて老い、衰えていく、そんな現実を痛感しながら、やっぱり自分ならば..................って、思わず考えてもうたよね。

過去を忘れ去り、愛するものを忘れ去り、それでも生きるということ、そんな姿になった大切な人を見守る者は、何ができるのか?

主演のふたりの演技は素晴らしく、文句のつけようがないものの、監督さんの悪いクセというか、途中の小賢しい演出がちょっとね....................もったいない?!(苦笑)

2018年6月18日 (月)

『ジェラルド・バトラー in THE GAME OF LIVES』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、サッカーのワールドカップにちなんだ作品をひとつ、ご紹介♪

この作品、1950年に行われたW杯ブラジル大会の話なんやけど、戦争によって1938年から中断されてたのが、ようやく再開された大会やったらしく、当初16か国の参加を予定していたものの、諸所の事情により、棄権する国が出て、結局は13か国で争われたらしいんよね。

そんな大会でのことを描いた作品なんやけど、主役の役者の名前がタイトルに入り、しかも、英語は中途半端になってるっていう、それだけでも“痛い”邦題になってるのが、残念すぎるか(笑)

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

ジェラルド・バトラー in THE GAME OF LIVES /  The Game of Their Lives   ★★★☆☆   (2004年)

監督:デヴィッド・アンスポー
出演:ジェラルド・バトラー、ウェス・ベントリー、ジェイ・ロダン、パトリック・スチュワート、ルイス・マンディロア、ジョン・リス=デイヴィス、ザカリー・タイ・ブライアン、ビル・スミトロヴィッチ、リチャード・ジェニク

1950年に開催されたサッカーのW杯ブラジル大会で、完全なプロ選手で構成されたイングランドを、ほとんどがアマチュア選手だったアメリカ・チームが破った、“ベロオリゾンテの奇跡”と呼ばれる、史上最大の大番狂わせを描いたドラマ?!

サッカー不毛の国の寄せ集めチームが、世界最強の男達を相手に、勇気と誇りを胸にフィールドで戦い、勝ち取った勝利を............ってなことで、実話を基にした話なんよ。

“何が起こるかわからないのがフットボール”とは言え、まさにこれは奇蹟であり、その裏には仲間への信頼とチームとしての結束ってのがあったんやね。

かなり感動的な話ではあるんやけど、その一戦をクローズアップするあまり、全体の展開があっけなくて、ちょっと盛り上がりが足りないんよなぁ。

せっかくのドラマだけに、もう少し余韻があってもなぁ....................なんて思ったりして?!(苦笑)

2018年6月17日 (日)

『トランスアメリカ』

今日は、ちょっと異色の親子を描いたロードムービーをひとつ、ご紹介♪

この作品で主役を演じてるフェリシティ・ハフマンは、この作品でアカデミー賞の主演女優賞にノミネートされて、ゴールデン・グローブでは、女優賞を受賞して、かなりの評価を受けたんよね。

もともと、どちらかというとTVドラマで活躍してた女優さんで、「デスパレートな妻たち」って人気シリーズに出演してたらしく、彼女の夫は、あのウィリアム・H・メイシーらしいんよ。

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

トランスアメリカ / Transamerica   ★★★☆☆   (2005年)

監督:ダンカン・タッカー
出演:フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ、フィオヌラ・フラナガン、エリザベス・ペーニャ、グレアム・グリーン、バートヤング、キャリー・ブレストン、リチャード・ポー、ダニー・バーンスタイン

性同一性障害のため、女性になるための手術を1週間後に控えた男、そんな彼の元に息子を名乗る青年が拘置所に、との連絡が。父親であることを隠し、身元引受人となり、アメリカの東から西への父子の旅が始まる、ってな一風変わった家族ドラマ?!

悲惨な幼年期を過ごし、だらしなく生きる息子と、その存在に戸惑いながらも、芽生える子供への愛情、ぎこちない親子関係と複雑な状況、そんななかにユーモアのある会話を交え、うまく話を作ってた。

正直、期待したほどの盛り上がりはなかったものの、かえってそんなドラマとしての“さりげなさ”ってのが、ゆっくりと伝わってくるんよね。

女になりきれない男を演じ、親としての息子への気持ちをにじます主演のハフマンの女優魂ってのは、なるほど評価に値するし、ちょっと感心してもうたよ。

アメリカを“横ぎり”、性別を“越えて”、そして時間を“超越して”結ばれる父子の愛情、あらゆる意味で“Trans-”していく物語は、上々の味わいやったなぁ.............!?

2018年6月16日 (土)

『トゥモロー・ワールド』

今日は、SFものをひとつ、ご紹介♪

この作品、劇場で公開されたときは、思ったほど盛り上がらなかった記憶があるんやけど、それでもアカデミー賞で脚色賞や撮影賞、編集賞にノミネートされたりして、それなりに評価されたんよね。

アルフォンソ・キュアロン監督は、メキシコ出身の監督さんなんやけど、この作品のあと、同じメキシコ出身のギレルモ・デル・トロ監督の『パンズ・ラビリンス』の製作にたずさわったり、自身もアカデミー賞の監督賞を受賞した『ゼロ・グラビティ』を発表したりしてるんよなぁ。

というわけで、そんな監督さんの作品の感想は.........................?!

トゥモロー・ワールド / Children Of Men   ★★★☆☆   (2006年)

監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、チャーリー・ハナム、ピーター・ミュラン、パム・フェリス

18年間子供が生まれていない近未来の世界、人々は絶望のなかで暮らしていたが、反政府組織のもとに、ひとりの妊婦が匿われた。昔の恋人のために、そんな彼女を守ることになった男は......................ってなSFドラマ?!

子供がいなくなったら.................なんて設定は、なかなかSF的におもしろいし、少子化問題の他にも移民の問題や戦争のことなど、さりげなく考えさせられるところもあったりで、なかなか悪くはないんやけど、全体を通して、ちょっと雰囲気が安っぽいかなぁ(苦笑)

激しい銃撃のなかで、赤ん坊を抱えて歩くなんてシーンなんかは、印象的やったりして、さりげなくイメージが残るあたりも、味わいがあるんよね。

現実の世の中では、大人の都合で行われる醜い争いのなかで、確実に罪もない子供達が命を失ってるわけで、結局は、そうやって未来の希望を、人間は自らの手で奪ってるんやなぁって、改めて思ったよ。

個人的には、脇を固めるマイケル・ケインの演技ってのが、なんとも渋くて、たまらんかったなぁ...................!?

2018年6月14日 (木)

『プラダを着た悪魔』

今日は、ファッション業界を舞台にしたベストセラー小説の映画化作品をひとつ、ご紹介♪

この作品、メリル・ストリープがアカデミー賞の主演女優賞にノミネートされて、ファッションがテーマだけに、衣装デザイン賞にもノミネートされてたんよなぁ。

ちょっと不思議なのは、メリル・ストリープとエミリー・ブラントが随分と賞レースを賑わせたのに、アン・ハザウェイの演技は、あまり注目されんかったんよね。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

プラダを着た悪魔 / The Devil Wears Prada   ★★★☆☆   (2006年)

監督:デヴィッド・フランケル
出演:メリル・ストリープ、アン・ハザウェイ、エミリー・ブラント、サイモン・ベイカー、スタンリー・トゥッチ、サイモン・ベイカー、トレイシー・トムズ、リッチ・ソマー、エイドリアン・グレニアー、レベッカ・メイダ

ジャーナリスト志望の田舎娘が手にした仕事は、流行の最先端をリードするファッション誌でのアシスタント。しかも上司の女編集長は、強烈な個性の持ち主で............ってな、コメディ・タッチの人間ドラマ?!

メリル・ストリープといえば、かつてはお淑やかな美人女優やったのが、部下に無理難題を課し、徹底的にこき使う、そんな強烈な編集長の役を演じてて、ちょっと意表を突かれたね。

話の筋としては、主人公が奮闘しながらも、様々なことを経験して、考え方や人生の価値観を見出し、成長していく、そんな自分探しのドラマやった。

よくある展開ながら、そこそこ笑えるユーモアがあったりで、悪くはなかったかなぁ...........まぁ、ファッションに詳しいと、より楽しめるんやろうけど。

そこらへんのセンスがないハゲおやじにとっては、お洒落になった主人公の服装ってのが、どうも好みやなくて、ありがたみってのがよう分からんのよなぁ....................?!(苦笑)

より以前の記事一覧