ボチボチでんなぁ

2018年12月11日 (火)

『三尺魂』

今日は、インディーズ系の邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてる加藤悦生ってひとは、普段は、どうやらTVのディレクターをしてるらしいんやけど、これがどうやら2作目の映画ってことらしい。

どうも劇場での公開はなかったような感じなんやけど、埼玉県川口市でやってるSKIPシティ国際Dシネマ映画祭ってので上映されたみたいなんよね。

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

三尺魂   ★★★☆☆   (2017年)

監督:加藤悦生
出演:津田寛治、木ノ本嶺浩、辻 しのぶ、村上穂乃佳

ネットの掲示板で希望者を募り、三尺玉の花火で自殺することになったひとたちが掘っ立て小屋に集まったが、遅れてきた最後の参加者が女子高生だったことから、彼女だけは思いとどまらせようとするのだが................................ってな人生ドラマ?!

爆発で吹っ飛んだはずが、なぜか時間がループしてしまい、それを使って、大人3人は、まだ高校生の女の子を説得しようとするが、彼女にも覚悟を決める理由があり......................ってなことで、ちょっとコミカルさを出しつつも、人生を諦めた人たちが繰り広げる、再生のドラマをってとこなんかな。

個人的には、なんといっても津田くんの、いつもどおりに調子に乗った演技ってのがツボで、ほんといい役者やなぁって、しみじみ思いながら観てたよ。

話としては、死にたいと思って集まった人たちが、他人と出会い、自分を見つめなおして人生を考えるってところで、“ありがち”かなぁと思いつつも、キレイに話をまとめたなぁって印象やったね。

ほぼ、ワンシチュエーションで、舞台劇のように4人で繰り広げる掛け合いは、控えめながら、悪くないキャスティングで、うまく成立してたんと違うかな。

劇場での公開がないのか、そういう意味で小粒な作品ってことやったのかもしれんけど、映画としては、なかなか味わいがあったと思うんやけどね?!

2018年12月10日 (月)

『スノーマン 雪闇の殺人鬼』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、サスペンスものをひとつ、ご紹介♪

この作品、未公開ながらも、出演してるキャストが、なかなか豪華で、イロ男のマイケル・ファスベンダーに加え、シャルロット・ゲンズブールやJ・K・シモンズ、トビー・ジョーンズといったベテランから、個人的には久しぶりのクロエ・セヴィニーといった、なかなか楽しめる面々がそろってるんよ。

それもそのなず、監督をしてるトーマス・アルフレッドソンってひとは、スウェーデンのひとなんやけど、『ぼくのエリ 200歳の少女』で世の中の度肝を抜き、『裏切りのサーカス』では、英国アカデミー賞の監督賞にノミネートされたんよね。

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

スノーマン 雪闇の殺人鬼 / The Snowman   ★★★☆☆   (2016年)

監督:トーマス・アルフレッドソン
出演:マイケル・ファスベンダー、レベッカ・ファーガソン、シャルロット・ゲンズブール、ヴァル・キルマー、トビー・ジョーンズ、J・K・シモンズ、クロエ・セヴィニー、ソフィア・ヘリン

アル中ぎみの飲んだくれ刑事は、連続する女性失踪事件を捜査することとなり、他の街から異動してきたばかりの若手の女性刑事と一緒に動くのだが.................ってなサスペンスもの?!

行方不明となった女性たちの共通点は、それぞれ夫や恋人との関係がうまくいっておらず、幼い子供がいること、そんな少ない手掛かりから、犯人を捜すのだが...............ってなことで、凍てついたノルウェーの景色のなか、なかなかスリリングなドラマが展開するんよ。

犯人を突き詰めたつもりが、意外な展開にってなことで、いろいろと伏線があったり、ヒネリがあったりで、まぁ、多少、強引なところもありつつも、うまく盛り上げてたんと違うかな。

作品の評価自体は、正直イマイチな感じみたいなんやけど、なかなか豪華な面々もキャスティングされてて、個人的には思った以上に楽しめたかも?!

2018年12月 9日 (日)

『主人公は僕だった』

今日は、コメディ調の作品をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてるマーク・フォースターってひとは、もともとドイツの出身らしいんやけど、ビリー・ボブ・ソーントンとハル・ベリーが共演した『チョコレート』って作品で注目されて、ジョニー・デップとケイト・ウィンスレットが共演した『ネバーランド』では、アカデミー賞の作品賞にノミネートされたんよね。

この作品も、ゴールデン・グローブで主演のウィル・フェレルが男優賞にノミネートされて、放送映画批評家協会賞では、エマ・トンプソンが助演女優賞にノミネートされたんよ。

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

主人公は僕だった / Stranger Than Fiction   ★★★☆☆   (2006年)

監督:マーク・フォースター
出演:ウィル・フェレル、エマ・トンプソン、ダスティン・ホフマン、クィーン・ラティファ、リンダ・ハント、マギー・ギレンホール、トム・ハルス、クリスティン・チェノウェス、トニー・ヘイル

国税局に勤め、常に数字で物事を計り、決まりきった毎日を生きていた男の頭の中で、ある日、何者かが物語を語り始め、彼が死ぬ運命にあることを告げるのだが...............ってな、コメディ(?)タッチの人間ドラマ?!

フェレルくんと言えば、冴えないコメディ役者のハズが.................今回は、どういうわけか終始真面目な演技で、あまりのイメージの違いに、ちょっと拍子抜けしてもうた。

まぁ、笑いを狙ったところで、もともと笑えないようなセンスだけに、これはこれで、かえってよかったかも、なんて思ったりもせんでもないんやけど。(笑)

自分の人生が、誰かが書く小説になってる、そんな少し意表をつく話の展開も、さして目新しさは感じなかったし、特に心に残るようなセリフもなく、大学教授役のホフマンくんの演技も、どこか虚しく空回りしてた感じやったね。

ただ、そんななかで、スランプの作家を演じるエマおばちゃんのなり切りぶりは、“さすが”って思わせるものがあったね。あまりの上手さに、他とのバランスが取れないのが、もったいなかったなぁ。

というわけで、作品全体の評価でいうと、結果的には普通のデキやったなぁ.................?!(苦笑)

2018年12月 8日 (土)

『ラスト、コーション』

今日は、中国とアメリカの合作映画をひとつ、ご紹介♪

監督のアン・リーといえば、台湾の出身なんやけど、アメリカで映画を勉強して、ハリウッドでも成功をおさめた中華系の監督さんってことなんやろね。

これまでに、『ブロークバック・マウンテン』『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』でアカデミー賞の監督賞を受賞してて、ちなみに、この作品では ヴェネチア映画祭の金獅子賞を受賞してるんよ。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

ラスト、コーション / 色、戒(Lust, Caution)   ★★★☆☆   (2007年)

監督:アン・リー
出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、チュウ・チーイン、ジョアン・チェン、クー・ユールン、チン・ガーロウ、ジョンソン・イェン、トゥオ・ツォンホァ、リサ・ルー

日本統治下の中国の上海と香港で、舞台の仲間と一緒に抗日運動に身を投じる女子学生は、ひとりの政府高官を暗殺しようと企てるのだが.................ってなドラマ?!

反政府組織を潰すのが職務の男と、そんな彼に近づき、暗殺のチャンスを窺う女、ふたりの間に微妙な感情が生まれ...................ってなことで、なんともドロドロな話が展開するんよ(笑)

途中にかなり濃厚な絡みがあって、その部分が必要以上に注目されてもうてたんやけど、ただ、感情をストレートに表現するという意味では、必然性があったように思えるかな。

誰も信じられない男の孤独と、そんな男が憎いはずなのに、彼が唯一感情をさらけ出すのを見て、愛おしさを感じる.................男女の間は“禁断の愛”が盛り上がるってことなんやろねぇ?!(笑)

2018年12月 7日 (金)

『ブルーハーツが聴こえる』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、ザ・ブルーハーツの名曲「ハンマー」、「人にやさしく」、「ラブレター」、「少年の詩」、「情熱の薔薇」、「1001のバイオリン」をモチーフにして、6人の監督さんがそれぞれのドラマを作ったオムニバスなんよ。

個人的には、これまで散々取り上げてきた“B級映画の巨匠(?)”こと井口くんが、こんなメジャーなところで顔を出してるところが、なんか嬉しくなるやんね(笑)

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

ブルーハーツが聴こえる   ★★★☆☆   (2017年)

監督:飯塚 健、下山 天、井口 昇、清水 崇、工藤伸一、李 相日
出演:尾野真千子、角田晃広、伊藤沙莉、萩原みのり、高橋メアリージュン、市原隼人、浅利陽介、西村雅彦、加藤雅也、斎藤 工、要 潤、山本舞香、優香、新井浩文、内川蓮生、永瀬正敏、水原希子、豊川悦司、三浦貴大、石井杏奈、小池栄子、荒木飛羽

ザ・ブルーハーツの名曲をモチーフにして、6人の監督さんが、それぞれ独自に思い描く世界を描いたオムニバス映画?!

同棲中の彼氏の浮気を目撃しながらも、なにもできないでいる女、護送中の囚人を乗せた宇宙船の話、高校時代にタイムスリップした脚本家、戦隊ヒーロが大好きな少年、最愛の女性の死を受け入れられず、その亡骸と暮らす男、福島の原発事故を引きずって生きる男、それぞれのそれぞれのドラマをってね。

曲から思い描くストーリーってのは、ひとそれぞれで、6人の監督さんの感性を楽しむってところなんやろうけど、まぁ、正直、なんなんやろうってのもあれば、うまく曲を使ってるのもありで、好みの問題なんかな。

たとえば尾野くんの演技や、斎藤くんと便器をコラボさせていまう“B級映画の巨匠”井口監督のお茶目さや、永瀬くんの寡黙な演技ってのは、観てて楽しめたかな。

それにしても、こうして物語を作らせてしまうってところで、ブルーハーツの歌の持つ不思議な力ってのがあるんかもね。なんか久しぶりにカラオケで熱唱したくなってきた...............なんて?!

2018年12月 6日 (木)

『タクシデルミア ある剥製師の遺言』

今日は、ハンガリー、オーストリア、フランスの合作映画をひとつ、ご紹介♪

監督をしてるパールフィ・ジョルジってひとは、ハンガリーのブタペスト出身なんやけど、長編デビュー作となった『ハックル』って作品が評価されて、ヨーロッパ映画賞なんかで賞をもらったりしてるんよ。

この作品も、カンヌ映画祭でノミネートを受けたり、サンダンス映画祭で賞をもらったりして、かなり評判になってたらしいんよね。

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

タクシデルミア ある剥製師の遺言 / Taxidermia   ★★★☆☆   (2006年)

監督:パールフィ・ジョルジ
出演:ツェネ・チャバ、トロチャーニ・ゲルゲイ、マルク・ビシュンショフ、シュタンツェル・アデール、パルティ・ナジ・ラヨシュ、コッパーニ・ゾルターン、ヘデドゥーシュ・デー・ゲーザ

戦争中に性の妄想にふける兵士、スポーツ大食いのチャンピオンとなった男、そして究極の剥製をつくることに夢中の剥製師、ハンガリーに暮らす親子3代の人生を描いた異色ドラマ?!

いやぁ、この作品、とっても個性的なんやけど、とりわけ何が異色かって、とことんグロテスクなところなんよなぁ......................簡単に言ってしまうと、ご飯どきには絶対に観たくない作品やね(苦笑)

露骨なまでの性描写にゲロ、そして切り裂かれる肉体、どれもとってもリアルすぎて、ちょっとまともに正視できんくらいなんよ。

それでいて、単なるキワモノ作品かと言うと、描写の仕方や表現に気になるものがあったりして、何より、この不気味な話がとっても意味深で、妙に気になったりして。

まぁ、当然のことながら、万人受けするようなシロモロではなく、かなり思い切ってマニアックに針を振り切ったような作品であるってことは、間違いないんよね!?

2018年12月 5日 (水)

『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』

今日は、韓国の映画をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてるチャン・フンってひとは、『映画は映画だ』『義兄弟 SECRET REUNION』なんか撮ったひとで、この作品も韓国では、映画賞で作品賞を獲ったりしたらしい。

ちなみに、作品の背景になってる“光州事件”ってのは、1980年に軍部クーデターが起こって、それに反対する民衆のデモに対して、軍が発砲するっていうものやったらしい。

というわけで、そんな作品の感想は...........................?!

タクシー運転手 ~約束は海を越えて~ / A Taxi Driver   ★★★☆☆   (2017年)

監督:チャン・フン
出演:ソン・ガンホ、ユ・ヘジン、トーマス・クレッチマン、パク・ヒョックォン、リュ・ジュンヨル、オム・テグ、チョン・ヘジン、チェ・グィファ、コ・チャンソク

貧しいながらもタクシー運転手として、ひとり娘を男手ひとつで育てている男は、ソウルから光州まで行きたがっている外国人がいると聞き、その客を他のドライバーから横取りするのだが................................ってな、実話を基にしたドラマ?!

普通に目的地まで行って、滞納していた家賃分の稼ぎになる、そう簡単に考えていたが、光州では民衆と軍部が対立していて、立ち入り禁止になっており............................ってなことで、タクシー運転手とドイツ人ジャーナリストの友情をってとこなんかな。

思わぬ事件に巻き込まれてってところで、どこまで本当の話なのかは分からないんやけど、権力に立ち向かう市民の姿ってところで、なかなか熱いドラマに仕上がってたね。

実際の事件は知らないんやけど、軍によるあまりにも理不尽な蛮行に、ちょっと胸が痛くなりつつ、いろんな友情つながりに、惹きつけられてもうたかな。まぁ、ちょっと“できすぎ”た感は、正直なきにしもあらずなんやけど........................?!(笑)

それにしても..................邦題の蛇足感ってのが、ハンパないよなぁ....................。

2018年12月 4日 (火)

『パンとバスと2度目のハツコイ』

今日は、邦画の恋愛ものをひとつ、ご紹介♪

この作品で監督をしてる今泉力哉ってひとは、以前に紹介した『鬼灯さん家のアネキ』ってのや、オムニバス映画の『ヴァージン』ってので監督してたんよ。

主演の深川麻衣ってひとは、どうやら乃木坂46ってのの元メンバーらしいんやけど、女優を目指して事務所を移り、これが映画初出演で初主演ってことらしい。

この作品での演技が好評やったらしく、監督さんの次回作で角田光代の原作小説を映画化した作品では、脇役で出演が決まってるんやって。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

パンとバスと2度目のハツコイ   ★★★☆☆   (2017年)

監督:今泉力哉
出演:深川麻衣、山下健二郎、伊藤沙莉、志田彩良、音月 桂、勇翔、安倍萌生

大学で絵を学びながらも、描くのをやめてパン屋に就職した女の子は、中学時代の初恋の相手と再会するのだが..............ってな恋愛ドラマ?!

同じ人をずっと好きでいて、またずっと好きでいてもらえる自信がなく、元カレのプロポーズを断って、一人で暮らしてる女の子は、バツイチでバスの運転手をしてる初恋の相手と会うようになるが............ってなことで、“こじらせ系”の恋愛模様ってことらしい(笑)

主演のふたりは、ぎこちないながらも、いい意味で地味さがあって、それほど嫌味がなかったかな。いつの間にか脇役ブレイク中(?)の伊藤くんが、酒焼けしたような声で、インパクトを残してたりして。

「好きになったひとを、付き合わないで嫌いになれるか」、そんな問いかけをしつつ、サラリとした展開のなかで、人を好きになるってことを考えさせるあたり、案外、嫌いやなかったかもね?!

2018年12月 3日 (月)

『ディザスター・アーティスト』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、実話を基にしたドラマをひとつ、ご紹介♪

この作品、実は監督をしてるのが、あのジェームズ・フランコで、アカデミー賞で脚色賞にノミネートされて、主演もしてるジェームズくんは、ゴールデン・グローブで男優賞を受賞したりして、かなり評価されたらしいんよね。

実は、“The Room”っていうカルト的な人気になった映画があるらしく、製作費 600万ドルで公開初週末の興収が 5,800ドルだったっていうヤバいできだったのが、逆にそれが人気になって、数年かけて元をとったんやって。

というわけで、そんな作品の感想は...........................?!

ディザスター・アーティスト / The Disaster Atrist   ★★★☆☆   (2017年)

監督:ジェームズ・フランコ
出演:ジェームズ・フランコ、デイヴ・フランコ、セス・ローゲン、アリ・グレイナー、ジャッキー・ウィーヴァー、ザック・エフロン、アリソン・ブリー、ジョシュ・ハッチャーソン、ジューン・ダイアン・ラファエル

役者になる夢をかなえるために演技の勉強をしていた青年は、同じ演技のレッスンを受けていた男と出会い、一緒にロスに行くことになるのだが................ってな、カルト映画を作ったふたりの男を描いた実話もの?!

強烈な個性に惹かれて、意気投合して、気づいたら一緒に映画を作ることになったが、いろいろと問題が発生し、あれこれと..............ってなことで、インディーズ映画のできるまでってな感じかな。

いやぁ、主演を確認せずに観てたんやけど、主役をジェームズくんが演じてるとは気づかないくらいの、かなりキレキレの演技やった(笑)

実際のデキあがった作品は観たことがないんやけど、ひとつの作品を苦労して作り上げ、それが作り手の意図とは違うところで、驚くようなある種の“奇跡”を起こす、なんかね、映画っていいなぁって思わせてくれる、そんな作品やったかも?!

2018年12月 1日 (土)

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

今日は、ご存じマーベル・コミックの人気キャラクターを集めたSFアクションものをひとつ、ご紹介♪

“アベンジャーズ”のシリーズとしては、これが第3弾ってことになるみたいなんやけど、いろんなキャラクター別の売りモノに、他のキャラが乱入してるもんやから、3作目っていうよりは、もっとやってそうな気になるね。

これまでのアイアンマン、ハルク、キャプテン・アメリカ、スパイダーマンだけじゃなく、今回はブランクパンサーやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーまで加わって、ほんと、よくやるよなぁって感心してもうた(笑)

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー / Avengers: Infinity War   ★★★☆☆   (2018年)

監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
出演:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、クリス・エヴァンス、ドン・チードル、スカーレット・ヨハンソン、ベネディクト・カンバーバッチ、チャドウィック・ボーズマン、ゾーイ・サルダナ、トム・ホランド、トム・ヒドルストン、ポール・ベタニー、エリザベス・オルセン、カレン・ギラン、アンソニー・マッキー、イドリス・エルバ、ベネディクト・ウォン、デイヴ・バウティスタ、グウィネス・パルトロー、ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、クリス・プラット、ウィリアム・ハート、(声の出演)ヴィン・ディーゼル、ブラッドリー・クーパー

宇宙のあらゆるものを支配できるほどの力を持つ6つの石、別々の場所にあったものを、すべて手に入れようとする敵に対し、アベンジャーズの面々が戦いを挑むのだが................ってなヒーロー・アクションもの?!

すべてを手に入れた者は、指を鳴らしただけで全宇宙の半分を消すことができるのだが、それを阻止しようと、ヒーローたちが協力して戦うが.........ってなことで、みんな揃って大騒ぎってね。

いやぁ、なにがすごいって、これでもかってくらいに登場するキャストの終結具合がハンパないな(笑)

内容的にも、単に悪役が出てきて、ヒーローが活躍して宇宙を救うっていう単純なものにせず、少しずつヒネリがあるところがよかったね。

それにしても、これだけの主役級を登場させると、キャスティングのギャラだけでも相当な額やろうに、それでも作れてしまうってことは、かなりの儲けになるんやろなぁ...............なんてことを考えてもうたよ?!

より以前の記事一覧