ボチボチでんなぁ

2017年8月23日 (水)

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』

今日は、テロとの戦いをネタにしたイギリス映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、エンドロールで“アラン・リックマンに捧げる”って出てくるように、昨年、ガンにより亡くなった彼の最後の出演作やったんよね(公開順で行くと、声での出演作がもう一つあったんやけど)。

もともとは舞台俳優として活躍してたのが、『ダイ・ハード』のプロデューサーのジョエル・シルヴァーが彼の舞台を見て気に入ったことで、作品の悪役に抜擢し、映画の世界にも入ってきたらしいんよ。

独特の声質もそうやったんやけど、個性があって、渋い演技を見せてくれる、いい役者やっただけに、なんやちょっと残念やったね。

というわけで、そんな作品の感想は..................?!

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 / Eye In The Sky   ★★★☆☆   (2015年)

監督:ギャヴィン・フッド
出演:アラン・リックマン、ヘレン・ミレン、アーロン・ポール、イアン・グレン、バーカッド・アブディ、ジェレミー・ノーサム、バボー・シーセイ、モニカ・ドラン、ダニエル・フォックス、マイケル・オキーフ、フィービー・フォックス

ケニアのナイロビにある過激派武装集団のアジトに、追跡中の凶悪なテロリストたちが集まるという情報を入手し、捕獲作戦を遂行しようとしていた英米の軍事関係者だったが、思わぬ事態により、捕獲を諦め、ミサイルによる攻撃の可否を問うことに..................ってなサスペンスもの?!

6年間の追跡で、ついに見つけたテロリストたちを、なんとか逮捕して国に連行しようとするが、偵察により明らかになる状況の変化のなか、一刻を争う決断を迫られる事態となり.............ってなことで、緊迫したドラマに仕上がってた。

そもそものところで、アフリカのテロリストのアジトを、アメリカにいる“パイロット”が無人監視機を遠隔操作して攻撃するっていう“戦争の現実”に、かなり驚いてもうた。それに、かつては007なんかで描かれてたような秘密兵器が、当たり前のように使われてるんやもんね。

ドラマとしては、武力行使の意味を会議室での議論で巧みに問いながら、それによって課せられる犠牲と、その価値ってのを考えさせるあたりに、なかなか上手いって思ったよ。

テロを未然に防ぐってことの大切さと、そんな大義のもとに危険に晒される罪のないひとびとの命、天秤にかけるようなことではないんやけど、それが現実かって言われると、なんや胸が締め付けられてもうたわ?!

2017年8月22日 (火)

『物置のピアノ』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、福島県の桑折町ってところが舞台になってるらしいんやけど、原作者のひとやプロデューサーをしてるひとが福島の出身で、震災後のふるさとを想って、この作品を作ったらしい。

主演の芳根くんといえば、ちょっと賛否のあったNHKの朝ドラのヒロインを演じてたわけやけど、それよりも前に作られたこの作品には、どうやらオーディションで選ばれたらしく、もともとピアノとフルートが得意っていうあたりも役にあってたってことみたいやね。

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

物置のピアノ   ★★★☆☆   (2014年)

監督:似内千晶
出演:芳根京子、平田 満、小篠恵奈、赤間麻里子、渡辺貴裕、西野実見、織本順吉、長谷川初範、佐野史郎、神田香織

震災から1年が経ち、福島の桃農家で育った高校3年の女の子は、就職か進学か、卒業後の進路を決められずにいたのだが..............ってな家族ドラマ?!

3兄弟の2番目として育ったが、弟を事故で亡くしてから、姉とは微妙な関係となり、いつも物置においてあるピアノを、ひとりで弾いていたが...........ってなことで、過去と現在、そして未来と、複雑な心情に揺れる女の子を通して、福島の現状と家族を考えるってとこなんかな。

主演の芳根くんは、この作品が初主演映画ってことやったみたいで、演技のほうは、ちょっとぎこちなくて平板で、メリハリのなさが目に付くんやけど、なるほど、時おり見せる表情や雰囲気は、ハッとさせるものがあったよ。

震災前と震災後で、福島のひとたちの暮らしや気持ちがどう変わったかってのが話のテーマになってるわけやけど、こうやって考えると、原発によって、ホンマに取り返しのつかないことをしてもうたんやなぁって思うよね。

一見すると何も変わらない暮らしや風景でも、確実に失われてもうたものがあって、それがこの世代のひとが次の世代に残してもうた負担なんやって考えたら、なんか、やるせないよなぁ.........?!

2017年8月21日 (月)

『グラウンドブレイク 都市壊滅』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、アルメニアとロシアの合作映画をひとつ、ご紹介♪

この作品を監督してるサリク・アンドレアシアンってひと、この作品で描かれてる地震のあった年にアルメニアで生まれたみたいなんよ。

ロシアではかなり人気の監督さんらしく、2014年製作のヘイデン・クリステンセンとエイドリアン・ブロディが共演した『クライム・スピード(原題:American Heist)』って映画で、すでにハリウッドデビューを果たしてるらしい。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

グラウンドブレイク 都市壊滅 / Zemletryasenie   ★★★☆☆   (2016年)

監督:サリク・アンドレアシアン
出演:コンスタンチン・ラヴロネンコ、ヴィクトル・ステパニヤン、マリア・ミロノーワ、タイトフ・オーヴァキミヤン、アスミック・アェクサニアン、アレヴィック・マルティロシアン

1988年12月7日に起こったアルメニア地震、マグニチュード7の揺れによりレニナカンの街は壊滅状態となり、突然の悲劇に人々は戸惑うのだが.............ってな群像ドラマ?!

幼い頃に交通事故で両親を失った青年、その事故の加害者で、8年の服役を経て、家族のもとに帰って来た男、不倫相手との間に子供を作った娘を許せない父親、それぞれ事情を抱えて生きていた人たちも、地震によって翻弄され.........ってなことで、いろいろとドラマを織り込みってとこなんやろね。

3.11を経験すると、なんや、こういう作品は、今までと違う感じで観てまうよなぁ。自然の驚異にさらされて、なすスベなく困難な状況に、なんて、いろいろと思い出したりして、ちょっと辛いやんか。

そんな複雑な気持ちになりつつも、作品として見たときに、ちょっとエピソードが強引すぎたり、盛り上げ方が中途半端やったりって部分が気になってもうたかも。

それにしても............“グラウンドブレイク”って完全な造語やと思うんやけど、どういう意味で使ってるんやろか............別の意味で悲しくなるタイトルやわ(苦笑)

2017年8月20日 (日)

『ザ・マミー/呪われた砂漠の女王』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、アクション・アドベンチャーものをひとつ、ご紹介♪

この作品に主演してるトム・クルーズといえば、ちょっと前に、“ミッション:インポッシブル”の新作の撮影中にケガをして骨折かってニュースが流れてたけど、考えたらトムくん、もう50代なかばなんやね。

それでもアクションを頑張ってるトムくん、この作品でも大活躍(?)なわけやけど、そんな作品を監督してるアレックス・カーツマンってひとは、これまで製作や脚本で有名やったらしく、“スター・トレック”や“トランスフォーマー”のシリーズに携わってたんやって。

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

ザ・マミー/呪われた砂漠の女王 / The Mummy   ★★★☆☆   (2017年)

監督:アレックス・カーツマン
出演:トム・クルーズ、アナベル・ウォーリス、ソフィア・ブテラ、ラッセル・クロウ、ジェイク・ジョンソン、マーワン・ケンザリ、コートニー・B・ヴァンス

かつてエジプトで悪魔と契約し、王である父親を暗殺して王位を狙ったことで、生きたままミイラとなった王女は、遠くメソポタミアの地下に埋葬されていたが、一攫千金を狙って遺跡にあるお宝を探していた米兵に発見され..............ってなアクションもの?!

長い間、封印されていた悪魔の呪いが解き放たれ、王女に“選ばれた”男は、彼女に操られるように導かれるのだが...............ってなことで、トムくん vs 悪の女王ってなとこかな。

これを“ゾンビもの”って言うかは議論があるんやけど、そんなホラーちっくな作品にトムくんが主演するってところが、ちょっと新鮮やったりしてね(笑)

内容的には、これまでの、この手のアドベンチャー系のネタを使いまわしてる感じがして、既視感があるなぁ.............って思ったら、元ネタが『ハムナプトラ/失われた砂漠の都(原題:The Mummy)』と同じやったらしい.........どうりでインパクトや斬新さってのがないはずやわ。

映像的な進化はあるんやろうけど、トムくんとラッセルくん以外の小粒感ってのがありすぎるせいもあるのか、どうも盛り上がりきらんかった(苦笑)

結局、ブレンダン・フレイザーの“ハムナプトラ”シリーズは3作目まで作られたけど、これも同じように続けるんかなぁ.............ちょっと“今さら”感がある??

2017年8月19日 (土)

『マリアンヌ』

今日は、ブラピ主演のドラマをひとつ、ご紹介♪

この作品、どうやら衣装がかなり評価されたみたいで、アカデミー賞や、イギリスアカデミー賞、放送映画批評家協会賞なんかで衣装デザイン賞にノミネートされたらしい。

ブラピといえば、奥さんのアンジーが裁判所に離婚調停かなんかの申し出をしたってことで、かなりゴシップネタになってるわけやけど、確か、この作品でマリオン・コティヤールと仲良くしすぎて...........なんて話をどこぞで目にしたような..............(苦笑)

ただ、最新のウワサによると、アンジーとブラピは完全には縁を切ったわけやなくて、子ども大好きなブラピがアンジーに謝り倒したのか、子どもたちに会いに行ってるらしいんよ。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

マリアンヌ / Allied   ★★★☆☆   (2016年)

監督:ロバート・ゼメキス
出演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール、サイモン・マクバーニー、マシュー・グード、ジャレッド・ハリス、リジー・キャプラン、アウグスト・ディール、アントン・レッサー、マリオン・ベイリー、ティエリー・フレモン、シャーロット・ホープ

第二次大戦のさなか、イギリスの特殊工作部隊に属するカナダ人の将校は、モロッコのカサブランカで、ドイツ大使を暗殺するために、現地にいた協力者の女性と夫婦を装い、作戦を実行するのだが.............ってなドラマ?!

命がけの任務をとおして、いつしか惹かれあうふたりは、ロンドンで結婚し、幸せに暮らし始めるが..............ってなことで、戦争に翻弄された男女の切ない恋の話ってとこなんかな。

なんかフランス語をしゃべるブラピってのが、ちょっと意外な感じがして、そんな芸もあったんやって感心しつつ、その様になったフレンチ野郎ぶりは、思ったほど悪くなかったね。

ちょっとクールなブラピに、色気のあるマリオンくんってことで、主演のふたりは、なかなか互いに熱演してて、安心して観てられるレベルやったよ。

まぁ、話としては、それなりにヒネリは入ってるんやけど、ただ、ちょっとツッコミを入れたくなる展開もあったりで、そこまで胸にグッとくるというところまでは、正直、なかったかも。

それなりのデキではあるんやけど、おススメって言うほどのインパクトはなかったかもなぁ............そこらへんで、衣装を褒めるってことなんかも、なんて?!(笑)

2017年8月18日 (金)

『ANTIPORNO アンチポルノ』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、かつて一世を風靡した“日活ロマンポルノ”を復活させようってことで、第一線で活躍する(......一部、疑問を感じないわけでもないんやけど、とりあえず..........)5人の監督が、それぞれに作品を撮るっていう企画のひとつらしいんよ。

主役を演じてる冨手くんは、『映画 みんな!エスパーだよ!』で監督さんの作品に出演してて、共演の筒井くんも同じ作品や『希望の国』に出演してたんよね。

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

ANTIPORNO アンチポルノ   ★★★☆☆   (2016年)

監督:園 子温
出演:冨手麻妙、筒井真理子、不二子、下村 愛、小谷早弥花、麻美、吉牟田眞奈、福田愛美、貴山侑哉

新進気鋭の作家 兼 アーティストの女は、過去に縛られながら、現実と妄想のハザマでモガキ苦しむのだが................ってな、エロ&ファンタジーってとこか?!

屈折した感情をむき出しにしながら、サディスティックな世界に溺れる女、しかし、彼女の心の闇は脆く、深い.............ってなことで、なかなかサイケでカオスなドラマに仕上がってた(笑)

完全にコマーシャリズムを排したところで作られたっていう意味で、遊び心も出しつつ、園監督らしさが垣間見えるあたりが、久しぶりに嬉しかったかも。

ただ、主演の元アイドル見習いの演技が下手すぎて、ちょっと引いてもうた。まぁ、脱ぎっぷりのよさは認めるんやけど(苦笑)

一方で、主演の演技が心もとな過ぎたせいか、共演の筒井くんの女優魂が眩しいくらいに炸裂してて、なんや圧倒されてもうたよ。

エロと狂気を形にってところなんやろうけど、園くんの“尖った”部分は感じつつも、主演の物足りなさとグロさの少なさで、期待したほどまでのドキドキ感ってのは、なかったかもなぁ..........まぁ、どんだけ期待してんねんって話かもしれんけど?!(笑)

2017年8月17日 (木)

『疾風スプリンター』

今日は、香港のスポーツ根性もの(?)をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてるダンテ・ラムと言えば、以前に紹介した格闘技モノのアクション映画『激戦 ハート・オブ・ファイト』のひとで、それ以外の過去作品を見てみても、どうやらアクション系を得意としてる感じやね。

主演のエディ・ポンは、その格闘技ものでも出演してた台湾の役者さんで、ただ国籍はどうやらカナダらしく、そのイケメン具合からも、人気があるみたいなんよ。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

疾風スプリンター / 破風   ★★★☆☆   (2015年)

監督:ダンテ・ラム
出演:エディ・ポン、チェ・シウォン、ワン・ルオダン、ショーン・ドウ、カルロス・チェン、アンドリュー・リン、オウヤン・ナナ

自転車ロードレースのプロチームに、エースのアシスト役として加わったふたりの男は、互いに良きライバルであり、仲間としてレースを戦うのだが.............ってなスポーツ友情ドラマ?!

持久力や瞬発力と、それぞれの特徴を出しながら、チームの勝利のためにペダルを踏むが、チームは資金難となり、別のチームへと移籍し...........ってなことで、熱い“スポ魂もの”でグイグイとってところかな。

レースシーンがなかなかの迫力で、ちょっと盛り過ぎな感もありつつも、それなりに熱いバトルが繰り広げられるところは、結構、楽しめたね。

ただ、どうにも恋愛話がユルすぎて、ドラマのリズムを変えるためなんやろうけど、少し中途半端で、逆効果やったかなぁ.............(苦笑)

自転車のロードレースは、チームスポーツでもあり、そのあたりでライバルとのバトルやら、友情やらってのが、うまくドラマとして盛り上げポイントになってるところは、悪くなかったよ!?

2017年8月16日 (水)

『灼熱』

今日は、クロアチア、スロヴェニア、セルビアの合作映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、ユーゴスラビアからのクロアチアの独立に伴って起こった、クロアチア人とセルビア人の紛争とその後を描いてるんやけど、カンヌ映画祭では、「ある視点」部門で審査員賞を受賞したりして、ヨーロッパでは評価されたらしいんよ。

監督さんは、クロアチアの首都ザグレブの出身らしく、これまでの作品で国内では数々の賞を受賞したりして、かなり注目されてるひとなんやって。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

灼熱 / Zvizdan   ★★★☆☆   (2015年)

監督:ダリボル・マタニッチ
出演:ティハナ・ラゾヴィッチ、ゴーラン・マルコヴィッチ、ダド・チョーシッチ、ニヴェス・イヴァンコヴィッチ、ミラ・バニャッツ、スティッペ・ラドヤ、トゥルピミール・ユルキッチ

1991年に勃発したクロアチア紛争、同じ土地で暮らしていたクロアチア人とセルビア人が殺し合う、そんな争いによって、深い傷を負ってしまった人々を描いたドラマ?!

対立が激化するなか、村を出ることを決意したクロアチア人青年とセルビア人の彼女、紛争終結後に村に戻ったセルビア人の母娘と、その家の修復を手伝うクロアチア人の男、紛争終結から15年以上が経って、セルビア人の恋人と息子に会いに行くクロアチア人の男、それぞれの関係を映しながら、紛争がもたらした悲しみを、3つの時代に分けて描くってとこなんかな。

“民族対立”という、まったく次元の異なる争いによって、それまで普通に暮らしていた人たちが、引き裂かれ、憎しみ合い、傷つけあう、そしてその禍根は争いが終わった後も続き、ずっと人々の心の中に影を落とす、なんとも理不尽な話やよなぁ。

同じ役者が3つのエピソードで、それぞれ別のキャラを演じて、物語を紡ぐって手法は、ちょっと違和感があるものの、特定の“誰か”の話やないっていうことを表現してるのかもしれんね。

どちらかというと静かな流れのドラマが重ねられてるあたりで、観るひとを選ぶ作品なのかもしれんけど、これがクロアチアの過去であり、現在を切り取ったものやってことで、いろいろと考えさせられる話やったよ?!

2017年8月14日 (月)

『バッドガイズ!!』

今日は、イギリスの映画をひとつ、ご紹介♪

イギリスと言いつつも、監督さんはイギリス人ながら、主演がアメリカ人のマイケル・ペーニャと、ステラン・スカルスガルドを父に持つスウェーデン人のアレキサンダー・スカルスガルドっていう、ちょっと変わった感じなんよ。

ジョン・マイケル・マクドナーってひとの過去作品を見ると、どれも劇場未公開作品でB級コメディな感じなんやけど、意外とイギリスのアカデミー賞にノミネートされたり、ベルリン国際映画祭で賞をもらったり、そこそこ評価されてる風やったりして(笑)

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

バッドガイズ!! / War On Everyone   ★★★☆☆   (2015年)

監督:ジョン・マイケル・マクドナー
出演:マイケル・ペーニャ、アレキサンダー・スカルスガルド、テッサ・トンプソン、マルコム・バレット、デヴィッド・ウィルモット、ステファニー・シグマン、テオ・ジェームズ、ポール・ライザー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

麻薬の売人からクスリを横取りし、違法捜査で小金を稼ぐ、そんな悪徳警官のふたり組は、犯罪者たちが密会している情報を入手し、金を奪おうと捜査するのだが...................ってな、コメディ調の犯罪ドラマ?!

やりたい放題で私腹を肥やしてきた男たちは、情報屋をつかまえて、犯罪の臭いをかぎつけ、大金を手にしようと計画するが.............ってなことで、マイケルくんとアレキサンダーくんの凸凹コンビが大暴れってね。

かなりデフォルメされた悪徳ぶりで、グタグタな感じのノリをかまされると、ちょっと“ヤリ過ぎ感”ってのがありすぎて、お腹いっぱいになってもうたよ(苦笑)

ただ、これがイギリスの製作で、アメリカの悪徳警官のハチャメチャっぷりをシュールに描写してってところを考えると、ちょっとオモシロミみなくはないんやけど、それは特に作品の内容のオモシロミとは、必ずしもイコールってわけでもないんよね?!

というわけで、ボチボチと暇つぶし程度には...........ってとこかもなぁ(笑)

2017年8月13日 (日)

『アサシン クリード』

今日は、アクション映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、どうやら元ネタは世界的に大人気のゲームなんやってね。最近はすっかりゲームをしないもんやから、まったく知らんのやけど、要するに“バイオハザード”的な路線を狙った映画ってことなんやろか。

監督をしてるジャスティン・カーゼルってひと、オーストラリアの出身なんやけど、長編映画デビュー作の『スノータウン』ってのがカンヌ映画祭で批評家週間特別審査委員賞ってのを受賞して話題になって、この作品と同じマイケル・ファスベンダーとマリオン・コティヤールが共演した2作目のシェークスピアもの『マクベス』も、カンヌ映画祭でパルムドールにノミネートされて、評価を高めたんやって。

というわけで、そんな作品の感想は....................?!

アサシン クリード / Assasin's Creed   ★★★☆☆   (2016年)

監督:ジャスティン・カーゼル
出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズ、シャーロット・ランプリング、ブレンダン・グリーソン、マイケル・K・ウィリアムズ、ドゥニ・メノーシェ、ハビエル・グティエレス、マティアス・ヴァレラ、カルロス・バルデム、アリアーヌ・ラべド、ブライアン・グリーソン、エシー・デイヴィス、ハリド・アブダラ

人間の意思を操るとされる秘宝“エデンの果実”を探すテンプル騎士団と、それを阻止しようとするアサシン教団、何百年ものあいだ繰り広げられてきた攻防を終わらせるカギを握る男が見つかり.............ってなアクションもの?!

死刑となった男が実は秘宝を最後に手にしたアサシン教団の男の末裔だと分かり、そのDNAに残る記憶を探ろうとするが............ってなことで、セクシーなマッチョ男のマイケルくんが大活躍ってね(笑)

元ネタになってるゲームとやらは、まったく知らんもんやから、アクション映画として評価すれば、テンポも悪くないし、それなりにノリノリに暴れるあたりで、ボチボチやったんと違うかな。

まぁ、話としては、ちょっとツッコミたくなる部分もあるんやけど、キレキレのアクションを重視してって作りを考えれば、アリの範囲なんかなぁって思う。

しかし、どう見ても続編を意識した作りなわけやけど、残念ながら作品の一般的な評価はイマイチみたいで、製作にまで加わって、ドル箱映画にしたかったマイケルくん、どないするんやろなぁ...........まっ、余計なお世話か(笑)

より以前の記事一覧